<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

キッチンの真鍮ポール2本目♪

我が家のキッチンの壁にもう一本真鍮ポールが仲間入りしました。こちらにはトーションやキッチンタオル、ざるなどをぶら下げて。小さなかごバックには台ふきんが入っています。(1本目の真鍮ポールのブログはこちら

a0100596_16254948.jpg


端っこには真鍮のリングがついたフランスのお肉屋さんのキーホルダーをぶら下げちょっと茶目っ気を出してみました♪

a0100596_1633959.jpg


1本目と2本目、こんな風に上下に平行して取り付けました。さらに使いやすく、自分好みのキッチンになりなり大満足~♪

a0100596_16261276.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-27 16:30 | 色々

日曜日はエゾジカ料理でおもてなし

梅雨の晴れ間の日曜日。昨日は狩りをご趣味とされているご夫妻がエゾジカ肉を持ってきてくださり、私が料理を振る舞うという、夢のようなランチ会でした。

a0100596_10575790.jpg


まずはもも肉のローストから料理。ペルシヤード(パセリ、ケッパー、アンチョビ、にんにく、パン粉、オリーブオイル)を詰め、ベーコンを巻き、タコ糸を結び、オーブンへ。

a0100596_1105222.jpg


オーブンから取り出し、肉汁がまわるのを待ってから、厚めにカット。理想的な焼き上がりに感激! 塊肉の火入れって本当に難しい。さらに今回はシカ肉という慣れていない素材だったのでいつも以上に緊張。包丁を入れて現れた断面をみてホッとしました。付け合わせはシンプルにフランス産プティオニオンのグラッセを。エゾジカ肉は臭みなど全くなく、しっとり滑らかな肉質、繊細な味わい、赤身肉のうまみが凝縮され、感動的なおいしさでした!

a0100596_1121589.jpg


お次はロース肉を。シカ肉料理に慣れていらっしゃるご主人に切っていただきました。

a0100596_1124198.jpg


塩のみふり、ガンガンに熱したフライパンで両面さっと焼き、すぐに別皿に移動。予熱でロゼに仕上げました。

a0100596_11373.jpg


エゾジカロース肉・モリーユ茸とブラウンマッシュルームのソースで。柔らかでデリケートな肉質。こちらも美味! ソースは今月のガストロノマードレッスンの応用。エゾジカ・ロース肉との相性もばっちりでした♪ 

a0100596_1133596.jpg


前後しますが、私がメインのエゾジカ料理中に前菜3皿を召し上がっていただきました。1皿目はクルディテ3種の盛り合わせ(写真撮り忘れ)、2皿目はアスパラガスをポーチドエッグと生ハムと合わせて。

a0100596_114097.jpg


前菜3皿目はフォアグラのポワレをトレビスのリゾットと共に。リゾットのブロートはアスパラガスと空豆の皮でとった出汁と鶏のフォンを合わせて。

前菜3皿、メイン2皿、デザート1皿の計6皿のコース仕立て。我が家のおもてなしはたいてい大皿料理をセルフサービスでという形ですが、コース仕立てはおうちレストランのような雰囲気で新鮮♪ 

ワインはチャコリ~プイィ・フュイッセ~バルベラ・ダルバ~ボルドーという流れでした。

a0100596_1142166.jpg


エゾジカ料理の参考にしたのはこちらの一冊。鹿、熊、猪、野兎、鳥類など、狩猟~解体~肉の保存方法~レシピまで豊富なリアルすぎる写真と解説でジビエを紹介した本です。いつか役に立つだろうとパリ料理修行中に買い求めたもの。15年越しでやっと日の目をみることに。

ご夫妻の狩猟現場のお話しはそれはそれは興味深くて! 今までレストランで味わうものだったジビエが、ちょっと身近な存在に感じるようになりました。このような素晴らしい機会に恵まれたこと本当に嬉しく思います。Tさんご夫妻本当にありがとうございました! そして、素敵な縁を結んでくれた上の弟にも感謝です。 

a0100596_114471.jpg


そして、義妹と下の弟にもこの美味しさを味わってもらいたく、夜も再びエゾシカ料理を振舞いました~

フランス&旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-27 11:07 | 日々おいしい

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード 6月のレッスン風景

6月の横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードは初夏においしい旬を生かしたフレンチレッスン。

テーブルセッティングはかわいらしい雰囲気に。デザートに合わせさくらんぼ柄のテーブルクロスを敷きました。大好きなバスク織です。Moulin des Louops製ピスタチオグリーンのチェック柄のお皿やカトラリーなどはフランスのブロカント。グリーンのタンブラーはシリーズで集めている昭和のアデリアグラス。そして、お花は今月も大好きなあじさいを。庭に咲いたもの、鉢植えで買い足したものなど色とりどりのあじさいをARABIA・Floraのサラダボールにアレンジ。前半クラスはカラフルで賑やかに、後半のクラスはブルーの濃淡と紫のシックな大人っぽいアレンジ。アジサイって色形によって様々にアレンジできるのが魅力♪

a0100596_1781717.jpg


レッスン前の世界のおやつタイムでは、イタリアのヘーゼルナッツ入りチョコレートBaciとKUSUMIティー・サンクトベテルブルグを。このチョコレートはまだ若き日の18歳、初めて訪れたイタリアでお土産として持ち帰った懐かしの味。

a0100596_16293284.jpg


アミューズ(つき出し)として、ビーツとキャロットのラペ&皮つき空豆のオリーブオイル焼き。それぞれビネガー使いを工夫し、それぞれの食材に合った味わいにしました。

a0100596_1630321.jpg


前菜 Crème d'asperges au saumon et à l'oeuf poché アスパラガスのクレーム サーモンとポーチドエッグと共に

旬のアスパラガスをピューレにしサーモンとポーチドエッグとあわせて頂きました。こちらのピューレは剥いた皮から出汁を取り茹でたアスパラガスと合わせ、アスパラガスを丸ごと生かした濃い味わい。サーモンは塩と砂糖で一晩〆、臭みを取り、滑らかな食感を出しています。ポーチドエッグを美しく仕上げる極意もお伝えしました。仕上げにはバスクの唐辛子ピモンデスプレットをパラリ。

a0100596_16302149.jpg


*メイン Fricassée de volaille aux morilles フリカッセ・ド・ヴォライユ・オー・モリーユ

鶏のフリカッセをモリーユ茸とブラウンマッシュルームと合わせました。骨付きもも肉を白ワインとモリーユ茸の戻し汁とともにブレゼ。モリーユ茸とブラウンマッシュルーム、クリームを加えて仕上げてあります。4月にパリで味わったモリーユ茸(あちらはフレッシュでしたが)を皆さんに味わって頂きたくて選んだ一皿。モリーユ茸はドライのものをパリで仕入れてきました。本格フレンチの味わいながら調理法はとてもシンプル。モリーユの代わりにドライポルチーニを使ってもおいしいです。

a0100596_16575126.jpg


*デザート Gâteau au chocolat et aux cerises ショコラとさくらんぼのガトー

さくらんぼのコンポートを忍ばせたショコラのガトー。さくっとした食感のショコラのシュトルイゼル生地を表面にふりかけ、ガトー生地には刻んだショコラが混ぜてあります。ショコラ感が凝縮したガトー。生地に混ぜ込んださくらんぼのコンポートをクリームと共に付け合わせ、ビターで甘酸っぱい大人なデザートに。使用したチョコレートはヴァローナのピュアカライブ。

a0100596_16311982.jpg


a0100596_16314363.jpg


今回パンとともに味わっていただいたバターはパリで買い求めたBIO(オーガニック)のもの。大粒の塩入り。美味しすぎて「バターを味わうためにパンを食べる感じ」と生徒さんからの声が。

a0100596_1632162.jpg


来月はスペインサンセバスチャンのバル巡り気分を味わうスペインバスク料理です。
皆さまお待ちしております!

☆フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードHPはこちら→gastronomade
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-20 16:07 | レッスン風景

我が家のキッチンに真鍮ポール&フックが仲間入り

a0100596_15294093.jpg


キッチンをプチリフォーム。真鍮製のポールとフックを取り付け、キッチングッズや銅鍋をぶら下げました。

キッチンといういより厨房っぽい男前な雰囲気になり大満足♪

このポールはカーテンレールとして売られているもの。シンプルなデザインの真鍮製ポールを探しに探してやっとネットで見つけました。実店舗は大阪なので実物は見られず、自分の勘を頼りにポチっと。実物が届くまでドキドキでしたが、思っていたとおりのものが届いてホッ。

かなり気に入ったので追加注文。2本目にはトーションを掛けたりする予定。

銅鍋をかけたフック、そしてポールにかけたS字フックも真鍮製。S字フックはアンティーク仕様に加工され黒っぽいので鉄のようにも見えますが、その無骨さがかっこいい~

☆後日2本目を設置しました→こちらのブログ

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-20 15:29 | 色々

BBQ A La Mer ~海辺でBBQ~

梅雨の晴れ間の日曜日。日仏交流会Tri Connex主催のBBQに参加しました。昨年に引き続き会場は我が地元野島公園。環境のよい海辺のBBQ場です。

日本、フランス、イギリスなどインターナショナルなメンバーで参加者数は大人52名子供12名! BBQ場の中でもひときわ大きなグループでした。

息子はビーチへ連れて行ってもらったり、ペタンク(フランス版ゲートボールのような存在のボールゲーム)で遊んだり。私は息子そっちのけで友達とおしゃべりしながらBBQを楽しんでいましたが、この会には子供達の面倒を見てくれる優しい大人たちがいるので本当にありがたいです~

a0100596_10241358.jpg


私は自家製焼き立てバゲット5本とフロマージュを持参。タブレ(クスクスサラダ)やブロシェット(野菜やお肉の串焼き)そしてオレンジケーキなど、友達のお手製料理や自家製デザート最高においしかった~♪♪♪  

a0100596_1027773.jpg
a0100596_10273190.jpg


野島公園入口からBBQ場までの道沿いには満開のあじさいがずら~り

a0100596_10442645.jpg


帰り道、息子がしみじみ「ママ、BBQ楽しかったね♪」と。次は秋かしら? また親子で参加させていただきます~♪ 
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-20 10:27 | 日々おいしい

バスクカラーのテーブルクロスを縫いました♪

a0100596_126385.jpg


来月の料理教室ガストロノマード「バスク料理」レッスン用にバスクカラーのテーブルクロスを縫いました。

パリのヴァンヴの蚤の市でその美しい織に目を奪われたデッドストックのバスクリネン。50年代くらいのものでしょうか?

テーブルクロス用とテーブルナプキン用の2枚組。縁を縫うだけで形になるように作られています。

我が家のテーブルクロスで一番多いのがバスクリネン製。それも、そのほとんどが美しい山間にあるバスクの町サンジャンピエドポーを訪れる度に増えていったもの。織も柄もそれぞれ違い、そのどれもが本当に美しく、時折テーブルクロスが入った棚を開けては見惚れています。

来月のレッスン、バスクカラー一色のテーブルコーティネートをお楽しみに♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード 
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-19 12:06 | レッスン風景

SUNTORY サンタ・バイ・サンタカロリーナ×ELLE à table

今週はELLE à tableフードクリエーター部のお仕事で【SUNTORY サンタ・バイ・サンタカロリーナ×ELLE à table】主催のチリワインに合うレシピセミナーに参加させて頂きました。

まずはチリワインについてのレクチャー。チリワインがどのような環境で作られているか、チリの食文化について、サンタ・バイ・サンタカロリーナへのこだわり、ブドウ品種についてなど、興味深いお話を伺い、以前から一度は訪れたいと夢見ている首都サンティアゴ~マイポヴェレーなどのワイナリー巡りをいつかは実現しようと心に誓いました!

a0100596_10442551.jpg


続いて植松良枝先生のチリワインに合うお料理のデモンストレーション。

ほんわかしてチャーミング、そしておしゃれな植松先生。今回ご紹介いただいた南米を代表する料理セビーチェとエンパナーダは抜群のセンスでとってもおしゃれに仕上げられました。

a0100596_10444612.jpg


a0100596_10455044.jpg


a0100596_1045812.jpg


a0100596_10452937.jpg


最後は試食タイム。もちろんサンタ・バイ・サンタカロリーナ共に。美味しいワインとお料理で、女子会のような和気あいあいとした雰囲気に。

フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードの8月レッスンは【SUNTORY サンタ・バイ・サンタカロリーナ×ELLE à table】とのタイアップレッスン。

ワインに合うおいしい料理とパン作りレッスンです。なんと、ご参加の皆さまにはワインのお土産付!

詳細はまた後日お知らせ致しますので、お楽しみに~♪

~横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード~


a0100596_1046134.jpg


a0100596_1051046.jpg

[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-18 09:54 | お仕事

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード 7月のレッスンメニュー

a0100596_11533929.jpg
フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード7月のメニューはスペイン・バスク料理。バルの聖地サンセバスチャンへ行った気分になってタパスやバスク料理を楽しみましょう! 皆さまお待ちしております♪

日程: 
7月8日(金)11:00~ 
7月9日(土)11:00~
7月23日(土)11:00~ 増設しました!
 
受講料: 8000円(料理に合わせて選んだワイン2種付+1500円) 定員2~6名様 

*前菜:Tapas variadas タパス・ヴァリアダス
  ・・・サンセバスチャンのバル巡り気分で味わうタパスの盛り合わせ(以下の5品を予定)
     Tortilla de pimientos y cebolla パプリカと玉ねぎのトルティーヤ
     Pincho de champiñones y gamba マッシュルームと海老のピンチョ
     pimientos del piquillos rellenos de bacalao ピミエントス・デル・ピキーヨスの塩鱈詰め
     Pincho de lomo adobada a la plancha y pimiento shishitou 
                        豚フィレ肉のマリネ焼きとしし唐のピンチョ
     Mejillones rellenos fritos ムール貝の詰め物フライ
*メイン: Bonito en piperada ボニート・エン・ピペラーダ
  ・・・ソテーしたカツオをパプリカソースでいただくバスクらしい一皿。
*デザート: Goxua ゴシュア
  ・・・バスク地方ヴィトリアの郷土菓子ゴシュア。ビスコッチョ(ビスキュイ)×クリーム×カスタードクリームを3層にし仕上げに表面をキャラメリゼ。子供から大人まで皆に喜ばれる味わい。20年ほど前にこのお菓子を目指して訪れたヴィトリア。私の思い出の味です。

☆食材の入荷状況などでメニューを変更させていただく場合がございます。ご了承ください。

☆ アレルギー、あるいは苦手な食材がございます方は他の食材に変更させて頂くことができます。ご予約の際にご連絡ください。

☆初めてご参加される方はこちらをご覧ください→教室のご案内

☆フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードHPはこちら→gastronomade
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-13 11:53 | gastronomadeスケジュール

息子5歳のバースデーパーティは世界のお料理でおもてなし

先週末は我が家で息子5歳のバースデーパーティーを開きました。

バースデーケーキは四角いチョコレートケーキと息子のリクエスト。それも、自分で作ると!

a0100596_10533168.jpg


12名と人数が多いので、テーブルセッティングは極めてシンプルに。

a0100596_10534079.jpg


お料理はビュッフェ形式に。スペイン、イタリア、フランス、韓国、そして日本。3日かけて仕込んだ様々な国のお料理。すべてのお料理は写っていませんが、メニューはざっとこんな感じです。

サルティンボッカ、イタリア風パテ(ドメニカドーロ岩本シェフ直伝)、トルティーヤ・エスパニョーラ、ファバダ(インゲン豆、チョリソーとモルシージャのスペイン風煮込み)、ヒラメのカルパチョ、ベトラーヴとキャロットのラペ、トレビスとルッコラのサラダ、ドゥブキムチ(韓国風豆腐と豚キムチ炒め)、ハラコ飯(仙台出身の母担当)、若いメロンの漬物(母担当)、いちじくのフォアグラ詰め、チョリソー、フロマージュ、自家製バゲット、チョコレートケーキ

以前にも増してこうやって親戚が集まる機会が増えたのは息子のお陰♪ またこの一年、幸せに過ごそうね~

a0100596_10535090.jpg


横浜 フランス料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-09 10:53 | 子育て

新しい石窯オーブンで試し焼き

先週12年連れ添ったオーブンとお別れ。次に我が家にやってきたのはまたまたTOSHIBA石窯オーブン(ER-ND500・グランレッド)。家電メーカーの中ではパン焼きが得意と言われているこのオーブン。同じく評判の良いパナソニックのビストロも考えましたが、やはり慣れているもののほうが良いと思いこちらに決定。

a0100596_97023.jpg


試運転ではじめに焼いたのはやっぱりバゲット。
クープの開き具合をテストする意味で。

加熱水蒸気機能を使ったけれど、蒸気が足りないようでクープが開き切る前にクラストが焼き固まってしまいました。

不格好な姿のバゲットに、、、

私のクープの入れ方もちょっと残念な感じだったので、オーブンだけのせいでもないけれど。

ただ、クープの立ち上がりはまずまずでしたので根気よくテストベイクしたらどうに納得のいくバゲットに近づきそうな予感♪

ごちゃごちゃしてあまり美しくない写真ですが・・・・・・
左が新しい石窯オーブン 右は12年選手のリンナイガスオーブン&昨年購入した石窯オーブン
この3台でパン焼きだけでなく、お菓子作りもお料理もガンガンしていきます~
a0100596_14495689.jpga0100596_1450720.jpg

今回一緒に購入した実家のオーブンもTOSHIBA石窯(ER-ND300)。両親はレンジ機能くらいしか使用せず、オーブン担当は私。ここではパンを焼くことは少なく、オーブン料理とお菓子作りくらいなので、3番目のモデルに。

内装リフォームでビルトインのガスオーブンを撤去しそこは収納スペースに。食器棚に新しいオーブンを配置。がぜん使いやすくなった実家のキッチン。ここでも腕を振るうぞ~  

a0100596_14502059.jpg


横浜 料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-04 09:18 | パンづくり