<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お知らせ

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

一昨日パリに到着しました!

ルーブル美術館側の小さなアパートで快適に過ごしています。

昨日は、トゥール・ド・フランス最終日でパリは大盛り上がり!
なんと私たちはアパートのバルコニーから観戦しました♪

お知らせです。
現在私のメールがこちらで使用できない状態になってしまし、メールの拝見およびお返事ができません。

いただきましたメールのお返事は必ず帰国後に致します。
ご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by gastronomade2 | 2014-07-28 17:48 | gastronomadeスケジュール

息子と一緒に作ったヴィクトリア・トルテ♪

a0100596_1193218.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

昨日は叔父の誕生日を我が家でお祝い。といっても、叔父が作る超美味な手打ちそばをみんなで味わう恒例の会がメインなので、主役がお料理担当。

バースデーケーキは、ウイーン菓子・ヴィクトリア・トルテを息子と一緒に作りました。ラズベリージャムを巻いたビスキュイをドーム状にし、中にマンゴームースを詰め、グラサージュで艶だし。夏向けに、あっさり軽めに仕上げました。

ロウソク消しは叔父の代わりに息子が張り切って「ふ~」

お腹いっぱい、美味しくて楽しい一日でした♪
[PR]
by gastronomade2 | 2014-07-20 11:27 | 日々おいしい

7月のレッスン風景

a0100596_10525873.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードのレッスンは、先月同様梅雨の晴れ間に恵まれました♪

日本では「パリ祭」の名で知られている「フランス国民祭・Fête nationale française(14 Juillet=7月14日)」にちなんで、フランス国旗のトリコロールをメインカラーにテーブルをセッティングしました。

テーブルクロスはバスク織、2枚重ねにしたブルーの模様が入ったお皿はドイツのメリタ社(コーヒーグッズで有名な)、ブルーの色ガラスのタンブラーとコースターは昭和期のアデリアグラス(先月の色違い)です。

お花は今月も私の大好きなあじさいを。大人っぽいグリーンがテーブルをきゅっと引き締めてくれました。


a0100596_10524868.jpg毎月恒例のレッスン前の世界のおやつタイムですが、今回は日本。どんぐりの粉を使ったクッキーです。風貌も味わいも素朴ですが、香りがとてもよく、ついつい手が伸びてしまう美味しさでした。

お飲み物は、先日のブログでもご紹介した自家製・梅シロップ(パープルクィーン)の炭酸割りを味わって頂きました。


*前菜:  Poivrons marinés et irish soda bread

前菜はカラーパプリカのグリルのマリネを。グリルし皮をむいた赤&黄パプリカ、アンチョビー、ケッパー、オリーブ、玉ねぎなどをマリネした、あっさりとしながらもパプリカの甘味がなんともいえず美味しい一皿です。

他には、アーティチョークのマリネ、南フランス・ニヨン産の黒オリーブ(写真右)、スペインバスクの唐辛子の酢漬けギンディーヤス、中部スペインのイチジクコンポートなども味わって頂きました。

いつもは私の自家製パンをお出ししていますが、今回は捏ねいらず、発酵いらずの簡単で美味しい、クルミ入りのアイリッシュブラウンソーダブレッドをレッスンで作りました。試食用とは別に、皆さんには各自ハーフサイズのものをお持ち帰り用に作って頂き、それぞれ個性ある愛らしい表情に仕上がりました。

a0100596_8275485.jpga0100596_10535820.jpga0100596_10533565.jpg


a0100596_1054367.jpg*メイン: Rôti de porc sauce aigre douce

フランス風ローストポークを夏向きな甘酸っぱいソース・エーグル・ドゥースで頂きました。

ソースはシェリービネガーとメープルシロップをポークをローストした際に出たグレービーと合わせて作ります。しっかりと煮詰めるので、酸味は和らぎ、旨みが凝縮し、深みのある味わいになります。

付け合わせはレンズ豆のサラダとトマト&ジャガイモのロースト。


*デザート: Mousse glacee aux fruits rouges

ひんやりと凍らせたアイスデザートムースグラッセ。今回はラズベリーなどの赤い実のフルーツフリュイ・ルージュで作りました。フリュイ・ルージュのコンポートと合わせ、ダブルの美味しさ♪ きりっとした酸味が熱い夏にぴったりのデザートです。

食後にはキューバのコーヒーを。マイアミのリトルハバナの有名キューバンレストラン'ベルサイユ Versailles'のものです。あちらではたっぷりのお砂糖を入れたエスプレッソを店先のカウンターで立ち飲みするのが定番。旅の思い出の味をちょっぴりお裾分け。
横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード

a0100596_10544542.jpga0100596_1054244.jpg


[PR]
by gastronomade2 | 2014-07-18 10:55 | レッスン風景

6月のレッスン

a0100596_1428227.jpg梅雨の晴れ間に恵まれた横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード6月のレッスン。

じめじめした気分から解放されるように、爽やかな色合いでテーブルセッティング。

さくらんぼ柄が織り込まれているテーブルクロスとナプキンはフランス・バスクの伝統織物。サン・ジャン・ド・リュズを訪れた際に買い求めました。写真ではわかりにくいのですが、全体に繊細な模様が織り込まれていて、とても上品。子供っぽくなりがちなさくらんぼ柄なのに、大人な雰囲気に仕上がっています。

グリーンのチェック柄のお皿はフランスのブロカント。チェックの色合いが一枚一枚違うは手書きならでは。味わいがあります。

お花は庭のアジサイをアルザス地方のカフェオレボールに生けました。

グリーンの色ガラスのタンブラーは昭和のアデリアグラス。このデザインのタンブラーが好きで、パープル、ブルー、アンバーなどデットストックで見つけたときに少しずつ買い足しています。ピンクもあるそうですが、今のところまだ出会っていません。


a0100596_14281512.jpgレッスン開始前の世界のおやつタイムでは、フランス・リヨン菓子のピンクのプラリネと韓国のサボテンの実のお酢ドリンクを。


a0100596_14283579.jpg*前菜: Pâtes fraîches sauce aux poivrons rouges grillés,aux tomates et pignon de pin

フレッシュ手打ちパスタの赤いソース和え


今回はイタリア・トスカーナ地方のルッカの伝統手打ちパスタ「ピーチ」を赤いペースト(ELLE a tableでご紹介したもの)と合わせました。

ピーチはパスタマシーンなどの道具無しで気軽に作ることができる手打ちパスタ。

赤いソースはグリルした赤パプリカ、ドライトマトのオイル漬け、松の実、パルミジャーノ、オリーブオイル、にんにくをクリーミーなペースト状にしたもの。プチトマトのコンフィを添えておしゃれに仕上げました。

このソースは、パスタだけでなく、ディップにしたり、パンに塗ったり、お肉やお魚のソースにしたり、etc.....常備しておくととても便利。


a0100596_14294622.jpg*メイン: Croustillant de poisson, sauce coquillage クロスティヤンに焼いた鯛をあさりのソースで

甘鯛のフィレを皮目をカリッと焼きながら、身の方はアツアツのオリーブオイルを掛けながらふっくら焼き上げるという調理法で。

付け合わせは、浜名湖産の大粒のあさりとエノキのカリカリ焼き、水菜のブレゼ。

ソースはあさりを白ワインで蒸した際の旨み汁を使用。

あっさりとした爽やかな夏向きの魚料理。


a0100596_14295880.jpg今回のパンはアイリッシュ・ソーダ・ブラウンブレッド。全粒粉を使ったお手軽なパン。イーストではなく重層でふくらませる為、ほとんど捏ねず、発酵もさせないので、簡単! 材料さえ揃っていれば、急なお客様でも自家製パンでおもてなしできますし、知っておくととても便利。

皆さんとても興味がおありでしたので、7月のレッスンにて全粒粉+クルミ入りのものを一緒に作りましょう。

カッティングボードとパンナイフはイギリス製菓学校留学中からの20年来の愛用品。


a0100596_14301313.jpg*デザート: Cerises confit a la kirche avec glace de huile de pistache キルシュ風味のさくらんぼのコンフィをピスタチオオイルのグラースと共に

旬のアメリカンチェリーをキルシュ風味のあっさりとしたコンフィにし、出来たてのピスタチオオイル(フランス産)のアイスクリームを添えていただきました。

さくらんぼのコンフィはジャムよりも糖分が少なくさらりとしています。パンケーキやワッフルに甘くないホイップクリームと共に添えてもおいしいですし、水切りヨーグルトにかけただけでも立派なデザートになります。冷凍保存もできますので、旬の間に多めに作っておくと便利。

デパートやスーパーなどで様々なナッツ類のオイルが売られていますが、アイスクリームを作るときに加えるとそれぞれの個性がダイレクトに舌で感じることができおすすめです。アイスクリームマシンがなければ、市販のアイスクリームにかけても。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2014-07-06 18:04 | レッスン風景

梅しごと

a0100596_13425382.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。4

梅雨に入ってから、梅しごとやジャム作りにいそしんでいます。

写真はパープルクイーン(JA紀南限定の品種)という小粒で赤い梅を使って作った梅シロップ。ロゼワインのような鮮やかで美しいピンク色。こちらの梅でジャムも作ってみましたが味も色もかわいらしく仕上がりました♪

他にも、お隣のお庭から頂いた梅3kgで梅酒、梅シロップ、梅ジャムを。

ここ数日は、アメリカンチェリー、あんず、夏みかんなど、毎日ジャム作り。
ずらりと並んだ色とりどりのジャムの瓶を眺めていると、とても幸せな気分になります♪
[PR]
by gastronomade2 | 2014-07-06 14:10 | 日々おいしい