<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月のレッスンメニュー

いよいよ夏到来ですね!

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードの6月のスケジュールとメニューです。
手打ちパスタやお魚料理など、夏にぴったりのフレンチベースのお料理です。

皆さんのお越しをお待ちしております。

***ガストロノマードクラス***

~ガストロノマードクラスはフランスを中心にヨーロッパの国々の料理を学び楽しむクラスです~

日程: 6月13日(金)11:00~   6月14日(土)11:00~

受講料: 8000円(料理に合わせて選んだワイン2種付+1500円) 定員2~6名様 

*前菜: Pâtes fraîches sauce aux poivrons rouges grillés,aux tomates et pignon de pin
     フレッシュ手打ちパスタの赤いソース和え

   ・・今回は手打ちパスタ作りを楽しみます。グリルした赤パプリカ、ドライトマト、松の実、パルミジャーノの
     クリーミーなソースで和え、プチトマトのコンフィを添えておしゃれに仕上げます。このソースは、
     パスタだけでなく、ディップにしたり、パンに塗ったり、お肉やお魚のソースにしたり、etc.....
     常備しておくととても便利です。
*メイン: Croustillant de poisson, sauce coquillage
       ポワレ・ド・ペッシュ・ソース・コキヤージュ

   ・・・旬のお魚をカリッと焼き、あさりのソースであっさりといただきます。
*デザート: Cerises confit a la kirche avec glace de huile de pistache
      スリーズ・コンフィ・ア・ラ・キルシュ・アヴェック・グラース・ド・ウイル・ド・ピスターシュ

   ・・・さくらんぼをキルシュ風味のあっさりとしたコンフィにし、ピスタチオオイル(フランス産)の
     アイスクリームを添えていただきます。

☆ アレルギー、あるいは苦手な食材がございます方は他の食材に変更させて頂くことができます。
     ご予約の際にご連絡ください。

_____________________________________

*レッスン時間は約4時間を予定しておりますが、終了時間が多少前後する場合がございます。ご了承ください。

*日程やメニューは変更される場合があります。ご了承ください。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2014-05-19 15:43 | gastronomadeスケジュール

5月のレッスンは爽やかな美味しさで

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードの5月のレッスンは、これから晩春~夏にかけての温かな日に美味しく頂けるさっぱりとしたフランス料理でした。

a0100596_1441065.jpg爽やかな初夏の空とガーデンをイメージしてテーブルセッティングをしました。落ち着いたピンクの織模様が素敵なテーブルクロスはフランスのバスク織。バスク地方の山間の村サン・ジャン・ピエ・ド・ポーを訪れた折に見つけたお気に入り。

爽やかなブルーのお皿はイギリスのバーレイ社製。一面花模様が描かれていますが、やわらかな色合いなので、どのようなお料理を盛り付けてもしっくりいき、出番の多い一枚です。

カトラリーはカリフォルニアのサンタ・バーバラのアンティーク屋さんで見つけました。素敵な木箱に入ったフルセットのデットストック。

リネンのナプキンはマルタ共和国、ゴゾ島の伝統的なボビンレース。あまりにも大変な仕事で今では後継者がほとんどおらず、この伝統工芸の存続が危ぶまれているそう。残念です。ブルーの花模様のガラス製ナプキンリングはオールドパイレックス。どれも、旅して出会った愛用の品々です。

テーブルの中央には庭から摘んだ満開のガクアジサイをフランスのブロカントのパニエに生けました。


a0100596_1444256.jpgレッスン前の世界のおやつタイムでは、母のボリビア土産のウユニ塩湖の塩入り、高品質なチョコレート。カカオの含有量の多いビターで大人、上品な味わい。そして、もう一つ。アメリカのハーシーズのクッキー入りホワイトチョコ。こちらはキッチュでかわいい美味しさ。

お茶は、カナダのオーガニックのカモミールティーでした。


a0100596_1445848.jpg*前菜: Tartare de thon タルタル・ド・トン

味もプレゼンテーションもおしゃれなフランス風マグロのタルタル。まぐろと相性の良いアボカドと、アクセントにフランス産粒入り赤ワインマスタード(写真最後)が入ったマグロのタルタルの2層仕立てで、上にのせた卵黄を混ぜながら頂きます。卵黄の上にはフランス・バスク産唐辛子、ピモン・デスプレットを振りかけて。

合わせたワインはコルス(コルシカ島)のロゼ。土着のブドウ品種シャッカレールを使用しています。ふわりと心地よいかわいらしい香り、口に含むとアタックは蜜のような甘味を感じ、後にキレの良い酸が口の中に広がり、辛口ながらほのかな甘みと酸のバランスが◎。マグロとの相性ピッタリでした。


a0100596_1451877.jpg*メイン: Fricassée de Poulet au vinaigre de champagne

鶏のフリカッセ・シャンパンビネガー風味


シャンパンビネガー、たっぷりの野菜と一緒に煮込んだ骨付き鶏肉。あっさり、爽やか、夏向きの鶏の煮込みです。

付け合わせはシンプルに、新じゃがをキプロス産のおいしいオリーブオイルでカリッとソテー。

合わせたワインは女性の造り手が手掛けたクレマン・ド・ブルゴーニュ。ピノ主体で、香り華やか、しっかりした味わいながらキレの良い酸が気持ちが良い。


a0100596_1454194.jpg*デザート: Dessert macaron noix de coco-mangue デザート仕立てのココナッツマカロン・マンゴームースと共に

フランスではポピュラーなマカロンを使用したデザート。今回はマンゴームースとフレッシュマンゴーとを合わせました。マンゴーと相性の良いココナッツをマカロン、そしてソースにアクセントとして。


a0100596_1464244.jpg最後にピンボケですが、、、今回使用したマスタードとビネガー。どちらもフランス・ペルシェロン社のものです。横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード

こちらで購入できます→エピスリー・アルカン
[PR]
by gastronomade2 | 2014-05-15 11:20 | レッスン風景

4月のレッスン風景

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

すでに5月のレッスンも終了したのにも関わらず、4月のレッスンの様子をお知らせするのをすっかり忘れていました!

a0100596_13524026.jpg春の訪れを感じる、明るい色彩のテーブルセッティング。

小花がちりばめられれたフランス生地のテーブルクロス。春になると出番が多くなる一枚です。

お皿はイギリスMASON'SのFRIARSWOODというシリーズ。写真では分かりにくいかもしれませんが、どんぐりの葉模様が周りに模られていています。落ち着いたアイボリー色で、クラシカルなデザインが上品なテーブルを演出してくれます。

繊細な花束のナプキンリングはトルコのイーネオヤ。イスタンブールの職人さんが一つ一つ丁寧に作ったものです。

庭から摘んだお花を小さなグラスに生けて、逆さにしたガラスのサラダボール(iittala・Flora)の上にのせました。


レッスン前の世界のおやつタイムでは、ジャマイカのココナッツビスケットを召し上がっていただきました。ジャマイカでお世話になったオカマイさんプロデュースの厳選素材で作ったナチュラルな味わいのビスケット。美味しかったです! 合わせたお茶は母のアルゼンチン土産のマテ茶でした。

そして、自然派石鹸・ウタマロさんよりサンプルを頂きましたので皆さんにお配りしました。

a0100596_13532556.jpga0100596_13534180.jpg




*前菜: Aumoniere de légumes de printemps 春野菜のオモニエール

オモニエールとはフランス語で巾着袋のこと。そらまめ、グリーンピース、アスパラガス、などの春野菜とソテーしたホタテをクレープで包みました。ホタテのエキスとバターのソースを添えて。合わせたワインはブルゴーニュのマコン。

a0100596_1354198.jpga0100596_13541013.jpg


*メイン: Côtes d'agneau panées コット・ダニョー・パネー

骨付きラム肉をサクサクっとした食感にパン粉焼き。マスタードとローズマリーが香る、春らしいメイン料理。ホワイトアスパラのグリルと黒オリーブとケッパーのクネルを添えて。マスタードは、アメリカから持ち帰ったジャックダニエルのもの。風味がとてもよく、辛味は穏やか。ラムとの相性もバッチリでした。合わせたワインはコート・デュ・ローヌの赤。

a0100596_13543043.jpga0100596_13551123.jpg


a0100596_13554367.jpg今回の自家製パンは、雑穀米をブレンドしたブール。皮はザクッと、中はもっちり、雑穀米が香ばしく、なかなか美味しく焼けました。


a0100596_1356315.jpg*デザート: Key lime pie キーライムパイ

アメリカ・フロリダ州・キーウエストが発祥のキーライムパイ。ライム果汁がたっぷり! 爽やかな香りが口いっぱいに広がる美味な一品です。


a0100596_142429.jpg食後のコーヒーは珍しいペルー産のもの。母の南米土産です。パッケージがかわいいだけでなく、味も◎。バランスがよく、口当たりのやさしい味わいでした。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2014-05-13 10:09 | レッスン風景

Mexican lunch(わたしのお気に入り) myfav

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

かな日差しが気持ち良い昨日、母、義妹、私の女3人+ Boys(甥っ子&息子)で和気あいあいとメキシカンランチを我が家で楽しみました♪

メニューは、

*メキシコの代表料理モレ・・・様々なスパイスやチョコレートなどで作ったソースを使った鶏肉料理
*ワカモレ・・・アボカドディップ
*自家製トルティーヤ・・・コーンフラワーを使った薄焼きパン
*タコ、セロリ、ケッパーのマリネ
*鶏のビネガー煮込み
*マルタ島の羊のチーズと自家製パン

ワインはブルゴーニュの白と赤。
Guy Amiot et FilsのBourgogne 2011 と Chassagne-Montrachet'vieille vignes' 2011

a0100596_14101354.jpg



a0100596_14103550.jpg今回モレに使ったのはメキシコ産のモレソースペースト。これを鍋に入れ火にかけ香りを出した後、鶏と香味野菜で作ったスープでのばし、最後に下茹でした鶏を加えて出来上がり。仕上げにゴマをふりかけます。

ワカモレの味付けに使用したのはメキシコ産のサルサベルデ(青唐辛子のサルサ)。辛さはほどほど、風味の良いサルサです。


a0100596_14242922.jpgトルティーヤも手作り♪

トルティーヤプレスは20年前にメキシコを訪れた際に購入したもの。これを使うとあっという間にトルティーヤをのばすことができます。


使用したお皿のほとんどがメキシコの伝統的な陶器。花柄4枚と唐辛子模様の小鉢は一昨年メキシコを訪れた母のお土産。他は今年3月に訪れた際に購入。かわいらしい絵柄ですが、色合いが落ち着いているのでどんなお料理もしっくりいきます。すべてお気に入り♪

一枚一枚どっしりと重さがあるので、遠路はるばる持ち帰るのは大変でした! でも、こうやって旅の思い出と一緒に楽しく食卓が囲む時間が持てると、苦労したことはすっかり忘れてしまいます。

a0100596_8591569.jpg



デザートは義妹の手土産の母の日カステラと、今月のレッスンと同じくマンゴームースのマカロンデザートでした。

a0100596_14112546.jpga0100596_1412735.jpg
[PR]
by gastronomade2 | 2014-05-12 09:31 | 日々おいしい