<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2歳8か月

a0100596_1752571.jpg


息子は2歳8か月になりました。

まだまだイヤイヤ期が続いています。3歳になった途端にイヤイヤが終わったという話も聞いたので、うちの子もそうあって欲しいと願っています。4か月後にイヤイヤから解放されるなんて、本当かしら~? 

最近の大雪は息子にとってはとても嬉しい出来事だったよう。一日何度も外を眺め「ゆき~」と興奮ぎみに叫んでいました。大好きなムーミンやミッフィーのお話の中でも雪の場面になると「ママ、きれい~♪」と。

ムーミン、ミッフィー、おさるのジョージ、ひつじのショーンがお気に入り。特に最近はおさるのジョージの影響で想像力が増し、レゴの作品がレベルUP。ジョージが風車を作った場面を見た後はレゴで風車を作り「ママ見て~ふうしゃ!」と私ににっこり自慢顔。

言葉は相変わらず遅いのですが、それでも日々少しずつ語彙が増えているので徐々に会話らしいものができるようになってきました。

ひらがなはほぼ読めるようになり、数字はどうやら0~100、100、1000の位もシンプルなものなら分かるよう。数字に関してはある日突然英語で20までカウントしていてびっくり! 

一か月程前、電車好きの息子にねだられ購入したプラレールかるた。それからというもの毎日「かるたやる~」と言うので、最初は50音順に5音ずつ、徐々に枚数を増やしてやってみたところぐんぐん吸収! 今ではすべて並べてかるた取りができるようになりました。ひらがなはそれまでもお風呂に貼った50音表でゆるりと教えていましたが、大好きな電車のかるたとなると吸収力がこんなにも違うとは! 正に「好きこそものの上手なれ」ですね。

数字も電車の影響。何系とかの数字に興味を持ったことで覚える速度がUP。

英語の数字は、歯磨きを嫌がる息子を歯磨き体制に寝かせるために私が考えた「1・2・3ゴロン体操」で英語でカウントしていたら自然に復唱しだしました。

一週間前くらいから、お風呂の時間に世界地図を見ながら「ここはどこの国~?」クイズをしていて、14か国の国名と位置がわかるようになりました。日本、アメリカ(およびハワイ)、カナダ、韓国、ロシア、モンゴル、インド、フランス、イタリア、スペイン、ベネズエラ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド。ポルトガル、ドイツ、メキシコなどほかにもうろ覚えのものがちらほら。思った以上に次々覚えていくので、この調子であっという間に195か国制覇!?などど期待してしまいますが、そううまくはいかないでしょう。

押し付けることなく息子に「いろんなことを知るって楽しい~」ということが自然と分かってもらえるように、日々試行錯誤。

私も子育てから様々なことを学び、充実した毎日です。

*追記・・・右左の認識もできるようになりました!
[PR]
by gastronomade2 | 2014-02-19 07:31 | 子育て

お知らせ

料理教室ガストロノマードのレッスンですが、3月はお休みとさせて頂きます。
4月のレッスンのスケジュールは後日UP致します。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

3月はアメリカおよび中米を訪問します。
メキシコ人の親友と15年振りの再会も予定しており、今からドキドキしています。
[PR]
by gastronomade2 | 2014-02-16 17:28 | gastronomadeスケジュール

2014年2月のレッスン風景

a0100596_1154840.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード2月のレッスンのテーマは北フランス・ノルマンディー地方のお料理と、バレンタインの焼き菓子。

今回のテーブルセッティングはバレンタイン気分一杯♪ 甘~いピンクをベースにし、トルコブルー(フランス・ジュヌビエーヴ・レチュ)のお皿を刺し色に。

クラシカルな絵柄の目の覚めるようなピンク色のテーブルクロスはパリで暮らしていた頃に購入した、思い出の一枚。普段使いにはちょっと甘過ぎるのですが、新春やバレンタインのテーブルをパッと華やかにしてくれます。

お花は季節のサクラソウ。ピンクのガラスの器(昭和のアデリアグラス製)に生けました。お花をのせたガラスのプレートとお塩を入れたショットグラスはフランスのブロカント。ピンクのゴブレットとおそろいのコースターも昭和のアデリアグラス。60~70年代頃の色グラスが好きで少しずつ集めています。

青い花模様が入ったガラスのナプキンリングはオールドパイレックス。カトラリーはイギリスのシェフィールドのアンティーク。


a0100596_16131322.jpg毎月恒例の世界のおやつタイムは、ハワイで購入したBrooksideのチョコレート。フルーツゼリーにダークチョコレートがコーティングされています。アーサイとgoji berry(クコの実)2種を味わって頂きました。

フルーツの酸味とビターなチョコレートのバランスがよく、美味しいのでひとつふたつとついつい手が伸びてしまいます。

アーサイとザクロは日本のCostcoにて大袋で売っていますので是非お試しあれ。

合わせたお飲み物はカナダのオーガニックハーブティーでした。


a0100596_1161195.jpg前菜の前のアミューズとして、野菜のプレートを。

紫キャベツのサラダと季節の菜の花。菜の花には、アンチョビ、ケッパー、玉ねぎのみじん切り、にんにく少々、オリーブオイル、赤ワインビネガーで作ったソースをかけ、仕上げに漉して細かくしたゆで卵をふりかけ菜の花畑のようなイメージに。


*前菜: Tarte maroilles タルト・マロワール

ノルマンディー地方の郷土料理タルト・マロワール。チーズ好きにはたまらない香りも味わいもしっかりとしたウォッシュタイプの個性派フロマージュ、マロワールをたっぷりのせて焼きます。タルトと言ってもブリオッシュタイプの卵とバターが入った発酵生地なので、ふんわり柔らかな食感。

ヴァレンタインということもあり今回はクレマン・ド・ブルゴーニュのロゼと合わせましたが、コクのあるベルギービールとの相性もぴったりです。

a0100596_1163785.jpga0100596_1164997.jpga0100596_117185.jpg


*メイン: Marmite Dieppoise マルミット・ディエポワーズ

寒い冬においしい港町ディエップのシーフードシチュー。旬のアンコウ、エビ、ホタテ、ムール貝、ハマグリ、そしてたっぷりのマッシュルームが入っています。エビの殻や貝類でとったうまみたっぷりの出汁とクリームで仕上げ、とろみをつけないのであっさりとしています。

合わせたワインは、カナダ産のシャルドネ。これがシーフード×クリームのお料理とBon mariage♪

お鍋もテーブルセッティングと合わせ、シャスールのピンクを使用。

a0100596_11114459.jpga0100596_11121324.jpg


*デザート: Brownies aux noix et oranges confites  ブラウニーズ・オ・ノア・エ・オランジュ・コンフィ

バローナ社のグアラナ(カカオ成分70%)を使用したビターでリッチなフランス風ブラウニーを、ハート型で焼きました。粉はほんの少量、ベーキングパウダーも入らないので、とてもしっとりとしています。ブラウニー生地にはオレンジピールのみ入れ、クルミは上にふりかけ、しっとり×カリッとした2層の食感がはっきり分かれるように仕上げました。

そのままでも十分美味しいのですが、よりデザートらしくする為にホイップクリームを甘さを加えず添えました。
レトロな色合いとフォルムが素敵な器類はすべて昭和の東京陶器(現在のTOTO)のものです。

試食後、皆さんひとつずつラッピングしお持ち帰り。
ラッピングはかわいい柄のコースターにブラウニーをのせ、セロハンの袋に入れ、麻紐(イギリス・ナッツシーン社)をくるっと巻き付け、事務用のシールにネーミングを入れ閉じるといった具合。
横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード

a0100596_11124455.jpga0100596_11125570.jpga0100596_1113563.jpg
[PR]
by gastronomade2 | 2014-02-11 16:17 | レッスン風景