<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

パリのおいしい中華

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

a0100596_9314219.jpg5月に訪れたパリでの〆の料理は、友人Aちゃんお勧めの四川料理屋さんで食べたピリ辛魚鍋。これが絶品でした!

白身魚、豆腐、野菜などが、花椒の香り高いピリピリと舌にしびれる麻辣醤(マーラージャン)と出汁で煮込んである。旨味と辛みが絡み合い、うなるおいしさ。パリに行く度に必ず食べたいと思うほど気に入った一品。

前菜のピータン豆腐もおいしかったし、庶民派なお店ながら味はかなりレベルが高い。

住宅街の目立たない場所にあるにも関わらず、故郷の味を求めてパリの中国人が通う人気店のようでした。
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-31 06:30 | 世界おいしい旅

9月のレッスンスケジュール

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード9月のレッスンスケジュールです。

皆さんのご参加をお待ちしております!

写真: フランス料理クラスより
a0100596_15295493.jpga0100596_15292857.jpga0100596_1530969.jpg


***フランス料理クラス***

~フランス料理クラスは1年間でフランス料理の基本を学びながらフランスの地方を旅するようなメニューを組み立てています。1年のテーマとメニュ予定はこちら

残暑の残る9月。南フランスの野菜料理で元気になりましょう!

日程: 9月3日(金)11:00~  9月4日(土)11:00~
       
受講料: 8000円(料理に合わせて選んだワイン2種付+1500円) 定員2~6名様 

*前菜: Pissaladier ピサラディエール(南仏風ピッツァ) 
 ・・・アンチョビとオリーブ、そして甘く炒めたたっぷりの玉ねぎがのった南仏風ピッツァ‘ピサラディエール’
南フランスのワインのお供に欠かせない一品です。
*メイン: Courgettes Farcies ズッキーニのファルシー
 ・・・南フランスの定番料理‘野菜のファルシー’ズッキーニにお肉をたっぷり詰めてトマトソースでいただきます。野菜の甘味とお肉の旨みが一体化したおいしさです。
*デザート: Mousse aux Framboises ムース・オ・フランボワーズ
 ・・・さわやかな酸味が口に広がるフランボワーズのムース。残暑の残る9月にぴったり♪


***ガストロノマードクラス*** 

~ガストロノマードクラスはフランスを中心にヨーロッパの国々の料理を学び楽しむクラスです~


今回はフランス・アルザス風にビールを使った前菜とメイン、そしてフランスの夏の終わりを告げるフルーツ′ミラベル’を使ったデザートです。

日程: 9月10日(金)11:00~   9月11日(土)11:00~

受講料: 8000円(料理に合わせて選んだワイン2種付+1500円) 定員2~6名様 

*前菜: Soupe à la bière スープ・ア・ラ・ビエール
 ・・・ビールの風味がふわりとしたクリームスープです。
*メイン: Poulet a la bière プレ・ア・ラ・ビエール
 ・・・骨付きの鶏のビール煮込に、アルザス風手打ちパスタを添えます。
*デザート: Tarte aux mirabelles タルト・オ・ミラベル
 ・・・ミラベルは黄金色の小粒のプラム。夏の終わり~秋の始めの季節の短いフルーツです。ミラベルのおいしさを一番表現できるのはやっぱりタルト! こくのあるクレームフランジパン(クレームダマンド+クレームパティシエール)を詰めて焼きます。

*食材の入荷状況によりメニューが変更されることがございます。ご了承ください。

_____________________________________

*レッスン時間は約4時間を予定しておりますが、終了時間が多少前後する場合がございます。ご了承ください。

*日程やメニューは変更される場合があります。ご了承ください。

*お申し込みの際にはワインの有無をお知らせください。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-28 14:34 | gastronomadeスケジュール

cabello de ángel  カベヨ・デ・アンヘル 

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

母のお友達が、趣味の畑で育てた金糸うり(別名そうめんかぼちゃ)。名前が示すように、果肉が糸状になっているのが特徴。

a0100596_919274.jpga0100596_9191987.jpg


日本では馴染みが薄いけれど、スペインではcabello de ángel 天使の髪の毛という、かわいい名のジャムにしてお菓子作りに利用する。

cabello de ángel を使った私の好きな2つの地方菓子

バレアレス諸島マヨルカ島のEnsaimada エンサイマーダ・・・薄くのばしたイースト入りの生地にcabello de ángelを塗り巻き込み棒状にし、エスカルゴ状にぐるぐると巻き、焼く。仕上げに粉糖を振るといった、手の込んだ一品。私も大好き。私がマヨルカ島を訪れた際、マヨルカ島→バルセロナへの船に乗り込む乗客の皆、このエンサイマーダが入った箱を抱えていたのを思い出す。
アンダルシア地方コルドバのPastel cordobés パステル・コルドベス・・・ラードで作ったパイ生地にcabello de ángelを詰めたパイ。コルドバを訪れた際、コルドバの郷土料理のレストランのデザートに食べた。素朴ながら甘さはしっかり、地方菓子らしいおいしさ。


a0100596_9195175.jpg懐かしのこの2つのお菓子を作るため、頂いたそうめんかぼちゃでcabello de ángelを作った。

5月に訪れたスペインで買ってきたものもあるので、ホームメイドと市販品、味比べが楽しみです♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-25 06:29

Ines RosalesのTorta de aceite

a0100596_1534122.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

スペイン・セビリアにあるInes Rosales社は1910年創業の老舗菓子メーカー。写真は、看板商品Torta de aceite(トルタ・デ・アセイテ)。100年経った今でも伝統的に手作業作られる、素朴なお菓子。スペインで暮していた頃は私の朝食の定番だった。

初めて食べたのは16年前。グラナダの友人宅で朝食として出された。ほんのりアニスの風味がする、オリーブオイルを塗って焼かれた薄焼きビスケット。その頃の私にとって、アニス風味、そしてオリーブオイルを使ったお菓子というものが初めて且つ新鮮、その美味しさにびっくり! 

ふりかけられたグラニュー糖がほんのりキャラメリゼしていて香ばしく、サクサクっと軽い食感がよい。何度食べても、いくら食べても飽きることはない。

只、日本で手に入らないのが残念だけど、スペイン(どこのスーパーでも売っている)やフランス(グランデピスリーで扱っている)を訪れた時のささやかな楽しみです。

*このブログをご覧頂いた方からご連絡があり、日本で手に入るお店を知らせてくださいました。ありがとうございます!
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-21 06:31 | 世界のお土産

フロマージュの祭典

a0100596_23183831.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

フランスで日常食していたフロマージュは、日本では贅沢品。
有名フロマージュリーのものになるとびっくりするほど高価でなかなか普段の食卓に上がる事がない。好きなだけに恋しくて、恋しくてたまりませんでした。

写真は5月にパリを訪れた折、友人Aちゃんとご主人が私たちの為に用意してくれた超絶品フロマージュの数々。私が愛するフロマージュリーQuatrehomme・キャトルオムのものを中心にセレクトされています。

7年ぶりに再会したコルシカ島のFleur du Maquisをはじめ、シャンパーニュ地方のLangres、オーベルニュのLaguiole他、私が大好きなフランス各地のフロマージュがずらりと揃う。

あまりにも美味で、懐かしくて、嬉しくて♪ 「パリに戻って来たんだな~」と実感。

一年ぶりのパリ訪問一日目は、そんな美味な晩餐から始まりました。
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-20 06:11 | 世界おいしい旅

おいしすぎるイカフライ CAFE BAR BILBAO

a0100596_1761452.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

この5月、10年以上振りに訪れたビルバオは益々モダンな街へと変貌。しかし、旧市街の町並みはほとんど変わらず、庶民的なバルが並び、活気があり、ホッとした。

そんな旧市街の広場で、ひときわ賑わうバルを発見。そして、そのほとんどのお客さんがつまんでいるあまりにも美味しそうなイカフライに誘われ、私たちもここで一杯ひっかけることに。

フライにはやっぱりビールでしょう、と生ビールを注文。そして、直ぐにイカフライが運ばれる。

サクッと薄い衣に包まれた柔らかい小イカは、言葉を失う美味しさ。本当にいい素材はシンプルに調理するからこそおいしいと改めて実感。

他のタパスもおいしそうだったけど、既に数件のバルで飲んで&食べてきたので今回はイカフライのみで我慢、、、



a0100596_1763830.jpgこの店に行く為だけでもビルバオを訪れる価値あり!

タパスがおいしいだけでなく、店員さん達がユーモアに溢れ楽しくお酒が飲めます♪

CAFE BAR BILBAO

PLAZA BERRIA 6
48005
BILBAO


横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-16 05:06 | 世界おいしい旅

ソウルのおいしい 干し鱈スープ

a0100596_15372166.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

韓国では二日酔いの朝、干し鱈スープ(북어국 プゴクッ)を食べるらしい。

特に二日酔いというわけではなかったけど、とても有名な干し鱈スープのお店があると知り行ってみました。

まだ午前11時というのに、お店にはサラリーマンでほぼ満席。かろうじて私たちの席はあった。
メニューは干し鱈スープ一品のみで、席に着くと注文を取ることもなく直ぐにこのスープが運ばれる。

あっさりとしたスープは魚臭さは全くなくとても上品。添えられたアミの塩辛を加えるとコクが増し、にらキムチを加えたらまた味に変化がでる。胃にとてもやさしいおだやかなおいしさ。

おかわり自由(スープのみ、鱈の実のみ追加なんてリクエストも可)で60000w(480円)とびっくりのお値段!

胃にもお財布にもやさしい一品。辛い料理の多いソウル滞在で、胃を休めたい日には是非!



a0100596_15373533.jpgプゴグッチッ・ムギョドン・トジュッコル
북어국집 무교동 터줏골

中区茶洞173 
7:00~20:00(土・祝 ~17:00) 無休 


*11:30頃にはこれだけの列が出来る人気店! 

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-15 06:38 | 世界おいしい旅

ソウルのおいしい 水正果

a0100596_160370.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

ソウルの三清洞は、歴史ある町並みに古いものと新しいものが程良く混在した、散策にぴったりの場所。疲れた時にホッと一息できる伝統茶屋も多くある。

そんな中で気に入った一軒。

レトロな店内で、身体にやさしい伝統茶が楽しめる。

写真は「水正果」(4000w=320円)と韓国風「おしるこ」(5500w=440円)

干し柿を愛してやまない私にとって、この「水正果」は最高の韓国伝統茶。シナモンとしょうが風味の甘いお茶に干し柿が丸ごと一個入っている。


a0100596_1602767.jpgたっぷりの栗が入った贅沢な「おしるこ」は人気のようで、私達がお茶している間にテイクアウトするお客さんがひっきりなしに来ていた。

中庭で栗剥きをしている従業員に遭遇。あまりの量に驚く!

行くたびにお気に入りのお店が増えて、益々ソウルが好きになりました。

ソウルソトゥルチェロチャラヌンチッ
서울서둘째로잘하는집

鐘路区三清洞28-21
11:00~21:00 無休

[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-14 06:00 | 世界おいしい旅

ソウルのおいしい 멍게밥 モンゲパプ

a0100596_15223891.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

初めて食べたその日から虜になってしまった、
멍게밥・ほやごはん
ごはんにホヤの塩辛、かいわれ、そして刻み海苔がのったシンプルな一品。ごま油をまわしかけ、よーく混ぜて食べます。

ソウルを訪れた時だけでなく、今では我が家でも新鮮なほやが手に入ると作るくらい病みつき。

行きつけのお店ではほやごはんに太刀魚のチゲが付いてきます。太刀魚が大好物な私には、ダブルに口福♪

ほや好き、太刀魚好きの皆さんに超お勧めの一軒です。

チュンムジプ 中区茶洞140ハナカードピル地下1階
11:00~22:00(土~20:00) 休:日曜・祝日

[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-13 06:21 | 世界おいしい旅

牡蠣好き♪

a0100596_14493623.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

とにかく牡蠣が大好き♪

日本は勿論、世界各国「牡蠣」の文字を見つけると避けて通れない。

アイルランドではパブでギネスを飲みながら生牡蠣を味わい、ロンドンでは老舗のシーフードレストランで豪華なシーフードプラッターを叔父にご馳走になり、ブリュッセルでは市場で買ってホテルの部屋で味わい、韓国では生牡蠣をポッサム(茹で豚)といっしょに野菜で巻くという初めての味な組み合わせ出会い、そして先日訪れたフランスでは2ダースの牡蠣を私が剥き4人で平らげた。


a0100596_1451437.jpgこちらは、パリ・ラファイエットグルメのシーフードコーナーの生牡蠣セット。産地や品種の違いを味わうことができ、牡蠣好きには最高の一皿。

塩味がしっかりしたもの、繊細なもの、ミルキーなもの、ヨードっぽいものなど、一口に牡蠣といっても本当に味は様々で、それぞれ美味。

きりっとしたロワールの白ワインと共に味わい、至福のランチタイムでした。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-07-12 06:17 | 世界おいしい旅