<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お裁縫日和

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

今日は午前中に食材の買出しを済ませ、雨降りの午後はミシンを出しお裁縫に勤しむ。教室用のテーブルクロス3枚とテーブルセンター1枚、そしてトートバックを1つ縫いました。

a0100596_10241862.jpgクリスマス用にとフィンランドで購入したFinlaysonの生地で作ったテーブルクロスは来月の教室の為に。

他にはヘルシンキのmarimekkoで購入した生地で秋~冬用のテーブルクロスを。もう一枚は、バレンタインや春のテーブルに似合うロマンティックなバラ模様で。

テーブルセンターはフィンランドのヴィンテージ生地、ハートがポイントのチェック柄。

写真は、テーブルクロスの端切れで作ったトートバック。裁縫上手な母のアドバイスのもとに作りました。裏地はローラアシュレイの花柄シーツの余り布を使い、すべて残りもので作ったとは思えないほど満足な完成度。お気に入りバックがまた一つ増えました♪

もともと手芸好きなので、久しぶりに踏んだミシンに創作意欲を駆り立たされました。次はマリメッコの生地でエプロンを、プロヴァンスの生地でバックをとしばらく裁縫に没頭しそうです。
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-19 23:39 | 楽しいできごと

Broguiere's社の牛乳びん kawaii

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

日本同様、アメリカでもスーパーで売られている牛乳はパック入りのものが主流だけど、Broguiere's社のものは昔ながらのリサイクル瓶を使用。返却すれば$1.5キャッシュバックされる。

朝のカフェオレの時間がちょっと嬉しくなる、愛嬌のある牛のイラスト入り♪  かわいいだけじゃない。味もいい。

裏の模様は様々。クリスマスや新年のお祝いメッセージ入りもあり、ボトル選びが楽しい。

a0100596_9465666.jpga0100596_9471165.jpga0100596_9475314.jpg


~LAのスーパーWhole Foods & Ralphsで購入~
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-17 10:00 | 世界で見つけたかわいいもの

~旅の味・北欧料理~のテーブル

a0100596_1832737.jpg毎回横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードの教室の始めには、様々な国を旅して仕入れたお茶とお菓子でティータイムを楽しみながらレッスンの流れを説明します。

10月はスウェーデンKOBBSの紅茶 ‘ブルーベリーの喜び’ とイギリスのショートブレッドでした。

ショートブレッドを入れた器は、コペンハーゲンで見つけたヴィンテージのRoyal Copenhagenのもの。蓋には東方の三博士が味わいのある色合いとタッチで描かれています。

ポットはARABIAのRosmarinシリーズ。フィンランドではなく、なんとウィーンで出会いました。

スモーキーなブルーのマグカップはアメリカ製Old Pyrex。これは弟のアメリカ土産。

どれもお気に入りです♪


a0100596_8324840.jpgテーブルはデンマーク、フィンランド、そしてスウェーデンで出会った、旅の思い出が詰まったもの達でセッティング。

テーブルセンターはスウェーデン王室御用達リネンメーカーEkelundのもの。柄はダーラヘストですが、色がブラックなので可愛くなり過ぎないところが気に入っています。

ナプキン立てもダーラヘスト。ストックホルムのお土産屋さんで見つけました。

お皿はRoyal Copenhagenの前身Aluminia社製で1930年代に造られたものだそう。コペンハーゲンで仕入れました。ステンシルで描かれた秋色のナデシコの花が落ち着いた雰囲気。

カトラリーはフィンランドの老舗デパートStockmannのヴィンテージ。ラインが綺麗でとても使いやすい。


この日のメニューは・・・

*前菜: Lohikeitto(ロヒケイット) フィンランド風サーモンスープ 
 ・・・サーモンと相性のいいハーブ・ディルの香りが爽やかなスープ。
*メイン: Köttbullar(シュットブラー) スウェーデン風ミートボール 
 ・・・スウェーデンで愛されているミートボール。しっかりと焼き上げ、フライパンに付いた旨みと少量の生クリームでソース作り。そして、Lingonberry(リンゴンベリー)のジャムと蒸しじゃがいもを添えていただきました。このじゃがいもは日本で生産されたフランス品種‘シンシア’。味も身質もしっかりしていて煮崩れせずなめらかな食感。最近の私のお気に入りのじゃがいも。
*デザート: Runebergintorttu(ルーネベリタルト) ・・・フィンランドの国民に愛されている詩人ルーネベリの名前がついたケーキ。彼の故郷の町ポルヴォーで味わった思い出のケーキ。アーモンドパウダーやジンジャービスケットが入った香ばしい風味としっとりとした食感が病みつきになる焼き菓子。ラストはラズベリージャムとアイシングのトッピングでかわいくお化粧します。


a0100596_833166.jpga0100596_8331855.jpga0100596_8332911.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-15 21:19 | レッスン風景

Californiaの旅日記 8

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

9日目 10月29日(木) ☆ 朝、フリーペーパーでLA近郊のワイナリーの記事を弟が発見。その内の1軒はLAのダウンタウンにあるというので今日はそのワイナリー行くことに決定!

San Antonio Winery

アメリカに移民したイタリア人ファミリーが1917年に造ったワイナリー。レストランまで備わり、思った以上に大きくてびっくり。平日だというのに、個人から観光バスで来たグループまで、多くのお客さんで賑わっていました。

a0100596_13582910.jpga0100596_13563159.jpg


a0100596_13561446.jpg


奥がテイスティングルーム。
ワインショップではここのワイナリーのものだけでなく、アメリカから世界のワインまでかなりの種類が売られている。

a0100596_13574387.jpg


a0100596_13565727.jpgテイスティングは無料。リストから4種選べる。

2006 San Simeon Chardonnay
Monterey $16.95
2008 Maddalena Riesling Monterey $10.95・・・購入
2005 Maddalena Merlot Paso Robles $13.95
2005 Maddalena Cabernet Sauvignon Paso Robles $13.95・・・購入


ランチは、ワイナリー近くにあるダウンタウンの中華街で。

a0100596_1359053.jpg


ワゴンで運んでくるスタイルの飲茶レストランEMPRESS PAVILION。LAの飲茶レストランの中でも特に評判のいいお店だとこのと。エビ料理色々、青菜、ちまきなどどれもおいしかったです♪ お腹一杯食べて、お茶、tax+tipで3人で$36。安い!

a0100596_1359261.jpga0100596_13594352.jpg


翌日帰国なので、日本に持ち帰る食材やお土産探しにスーパーをはしごしたり、Thriftでヴィンテージグッズ探しをして午後を過ごす。(写真はthriftやアンティークショップがある通り)

a0100596_14012100.jpg


さて、夕食の前に荷造りを。大量の食器、食材、そしてワイン11本。3つのスーツケース、バックパック、手提げバックなどに重量制限内に詰める作業が思った以上に難航。すべて合わせて100kg程!パッキングに2時間近くかかってしまった。

どうにかパッキングを終え夕食。最後にアメリカらしくとアンガス牛のステーキをメインにし、副菜にいろいろな野菜を。

a0100596_1402926.jpgカリフォルニア滞在最後のワインは・・・
Sonomaで買ったIron HorseのUltra Brut 2004は、ワイナリーで試飲した時よりもずっとおいしく感じ、サラリと1本空いてしまった。

モントレーSCHEIDのRieslingは普段飲んでいるアルザスのものとは違った個性だけど、白い花のような香りがよく味は洗練されている。おいしい。

赤はTraderJoe'sで買ったZinfandel ($8.99+tax)。カリフォルニア・セントラルコーストPaso Roblesにある Peachy Canyonというワインメーカーのもの。軽めのかわいらしい口当たりで飲み飽きしないおいしさでした。


10~11日目 10月30・31日(金・土) ☆ LAともお別れ

帰国のフライトはJL062便12:50発。空港までは車で約30分と近い。少し早めにアパートを出て、空港までの道のりにあるthrift shopに寄り最後の買い物。ラッキーなことに、素敵なガラスのスナックセットを5セット見つけた♪

混み混みの空港。チェックインの後、預けるの荷物のセキュリティーチェックを個人でしなければならず長蛇の列に並ぶ。しかし、係員がなぜだか後ろの方に並んでいた私たちを手招きしてくれ、私たちの荷物だけ先に入れてくれた。ラッキー♪ 出国手続きの列も長くここでは結構時間がとられたので、余裕をもって空港に着いていてよかった。

帰りのフライトは新しい機種だったので、エンターテイメントが充実。見たかった映画が沢山あったので、映画鑑賞をしているうちに成田に到着。

成田から自宅まではたくさんの荷物があったものの、土曜日だったので電車がすいていてさほど問題もなく帰宅できた。

本当に充実した、楽しくておいしい11日間だった。

しかし、日中は私たちの為に運転をしてくれ(しかもワイナリーでは運転の為好きなワインの試飲を我慢し)、夜はパソコンで仕事をしていた弟は本当に疲れたことでしょう。感謝感謝です。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-14 22:23 | カリフォルニア・ワイナリー巡り

Californiaの旅日記 7

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

8日目 10月28日(水) ☆ 澄んだ青い空が広がる朝。ヒンヤリとする空気が気持ちイイ。今日は一日モントレー観光です。

昨晩食事をしたFisherman's Warfを散歩。サンフランシスコに比べ小さく、店の数も少なく小ぎれいなモントレーのフィッシャーマンズワーフ。

a0100596_121367.jpg


まだ朝早く観光客もほとんどいない。オープン前のレストランには食材を運ぶ車が多く出入りしていた。


a0100596_11573466.jpg



アザラシの鳴き声が響き渡る。他にはカモメはもちろんペリカンもいた。ここからホウェールウォッチングの船も出ている。

a0100596_1158843.jpga0100596_11583789.jpg
a0100596_11575275.jpg



ラッコが生息することでも有名なモントレー。お土産屋さんではラッコのぬいぐるみが売られていました。

a0100596_11595290.jpg


Monterey Cannery Row

モントレーの観光の中心Cannery Row
ここは昔の缶詰工場を改装した町で、水族館やレストラン、ホテル、ワイン屋さん、お土産屋などが集まっています。
ここも、18年前よりもずっときれいで賑やかになっていました。

a0100596_13274936.jpga0100596_1328593.jpg
a0100596_13265928.jpg
a0100596_1327209.jpg



Sea Otter(ラッコ)の絵柄専門のTシャツ屋さん。ハリーポッターを文字った'Hairy Otter'など、ユーモアを交えたものが多い。

a0100596_1328568.jpga0100596_13292397.jpg


Cannery Rowの目玉、Monterey Bay Aquarium。アメリカの中でも有名な水族館の一つ。
$29.90と入場料が高かったので、さほど動物に興味のない私と母はパスし、弟は一人で見学。
後で、すごくよかったよ~と話していた。

a0100596_13294327.jpg



母と私はモントレーのワインをテイスティング。

モントレーのワイナリーSCHEID VINEYARDSのテイスティングルーム。
4種の試飲で$10。ワインの購入でテイスティング料は免除される。私は白と赤計8種を試飲しました。
2008 Sauvignon Blanc $18/2008 Riesling $18/2007 Chardonnay $22/2007 Pinot Blanc $24
2008 Pinot Noir $30/2006 Merlot $22/2006 Cabernet Sauvignon $28/2006 Petite Sirah $35
どれも上品で綺麗に仕上げられていてかなり好み。RieslingとMerlotを一本ずつ購入。

a0100596_13301413.jpg




もう一軒は、モントレーの様々な造り手のワインが試飲できるA Taste of Monterey

a0100596_1417373.jpg



モントレー湾を望みながらワインを味わう。試飲料は6種で$10。すべてモントレーで造られたワイン。

a0100596_13311292.jpg



モントレーらしい、ラッコラベルのちょっと甘めのGewerztraminerを購入。

a0100596_13314194.jpg



ランチはやっぱりここではシーフードを。スパイシーなエビ料理で知られているBubba Gambで。

a0100596_14482394.jpg

a0100596_14485113.jpg



私たちが注文した料理。写真だと分かりにくいけど、かなりのボリュームで食べきれませんでした。残りはお持ち帰り。

a0100596_14513651.jpga0100596_14511558.jpg


1 1/2lb Shrimper's Net Catch $23.98
Peel'n'Eat Shrimp steamed in Beer. Choose from Bubba's Garlic Spice or Secret Recipe Cajun Spice.
・・・お店一番の名物料理。ガーリックスパイスとケイジャンスパイスで味付けされた皮つきシュリンプをビールで蒸した一品。ビールが進むおいしさ。
Steamed Shellfish $21.50
・・・かに、エビ、はまぐりなどを蒸した、磯の香りいっぱいの一品。
Clam chowder $7.29 
・・・ここでもクラムチャウダーを。味はまあまあ。
Garlic Bread Basket $4.75
Camel logo pilsner large)$11.50
・・・モントレーのお隣町カーメルの地ビールを生で。ずいぶん高いなと思ったらグラス付きでした。
Ice tea $2.75
・・・アメリカのアイスティーはおかわり無料な店が多い。



レストランの窓からの眺め。沖で昆布を収穫をしている。その横で極小さく5頭ほどのラッコの姿が見れた。写真では全く分からないのが残念。

a0100596_14515433.jpg



モントレーから17-mile driveへ。海岸、森林、豪邸街、高級ゴルフコースを巡る気持のいいドライビングコース。

a0100596_112491.jpg
a0100596_1125899.jpg
a0100596_1142344.jpg



モントレーからサンタバーバラへ約4時間のドライブ。ここで友達家族と合流。おいしいインド料理をご馳走になりました。

a0100596_1050119.jpg



約2時間半かけLAへ戻る。Nightcapに今日モントレーで買ったSCHEIDのMerlotを飲む。やわらかで上品な味わいでした。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-13 21:17 | カリフォルニア・ワイナリー巡り

12月のレッスンスケジュール

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード12月のレッスンメニューです。

a0100596_1041241.jpga0100596_1002590.jpga0100596_911449.jpg



***ガストロノマードクラス(ヨーロッパと旅の料理クラス)*** 

前菜とメインはアメリカで習ったコロンビア料理を。デザートはピーカンナッツをたっぷりと使ったピーカンタルトです。
どれも、おもてなしにもぴったりなお料理です。

日程:  12月4日(金)11:00~   12月5日(土)11:00~

受講料: 8000円(料理に合わせて選んだワイン2種付+1500円) 定員2~6名様 

*前菜: Arepa(アレパ)
 ・・・コロンビアのローカルスナック‘アレパ’。コーンミールを使ったおやきにチーズをはさんで焼きます。香ばしいおいしさは、おやつにも、ワインやビールのお供にもピッタリ。
*メイン: Arroz con Pollo
 ・・・コロンビア風の鶏ごはん。香ばしく炒めたお米を鶏肉でとっただしで炊き、個別に炒めた様々な野菜をミックス。ほんのりスパイシーで贅沢なピラフ風ごはんです。
*デザート: Maple Pecan Tart
 ・・・アメリカの数あるタルトの中でも代表的なものの一つピーカンタルト。サクッとした生地、メープルの香がいい柔らかなフィリング、カリッとしたピーカン。食感の3重層が楽しめるリッチなタルトです。


***フランス料理クラス ~クリスマスの鶏丸一羽料理~***  

クリスマスにもぴったりの冬の定番フランス料理です。

日程: 12月11日(金)11:00~  12日(土)11:00~
       
受講料: 1回 8000円(料理に合わせて選んだワイン2種付+1500円) 定員2~6名様

*前菜: Crème de champignons クレーム・ド・シャンピニオン
 ・・・きのこたっぷり、身も心もポカポカ温まるクリームスープです。
*メイン: Poule au pot プレ・オ・ポ
 ・・・鶏一羽を丸ごと野菜と一緒に煮込む大胆なお料理。フランスの冬の定番料理を是非!
*デザート: Gâteau aux marrons ガトー・オ・マロン 
 ・・・フランス産のマロンのピュレとマロングラッセが入ったほっくり、しっとりした贅沢なガトーです。

_____________________________________


*レッスン時間は約4時間を予定しておりますが、終了時間が多少前後する場合がございます。ご了承ください。

*日程やメニューは変更される場合があります。ご了承ください。

*お申し込みの際にはワインの有無をお知らせください。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-12 14:23 | gastronomadeスケジュール

Californiaの旅日記 6

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

7日目 10月27日(火) ☆ 晴天だけど結構寒いバークレーの朝。今日はバークレーから橋を渡り、18年振りのサンフランシスコを訪れます!

朝食はホテル近くのレストランで。アメリカには朝からオープンし、朝食メニューが充実したレストランが結構ある。1人で新聞を読みながら、仕事仲間と、家族で、恋人同士で、老夫婦で、etc・・・様々な人たちが、ゆっくりと朝食を楽しんでいる様子がうかがえる。

ここLA NOTEはフランスのプロヴァンス風の温かな雰囲気のお店です。

a0100596_16594651.jpg

a0100596_1701112.jpg

a0100596_1702534.jpg

卵2個使って作られたオムレツ、メルゲーズ(モロッコ風ピリ辛ソーセージ)、ローストしたじゃがいもとにんにく、ボリュームたっぷり。母と2人でシェアしたけどお腹一杯! $12.50


バークレーの街を散策

紅葉が始まったばかりの街路樹が並んだ雰囲気のいいDowntown。大学キャンパス周辺には、アメリカ人のみならず世界中から集まる学生で溢れていました。

a0100596_17102395.jpg
a0100596_17104273.jpg
a0100596_1711050.jpg
a0100596_17112663.jpg
a0100596_17114718.jpg



偶然見つけた弟の知り合いアーティストが描いた本屋さんの壁。弟の部屋にもこのアーティストの作品が飾られていました。
a0100596_17135112.jpg



お昼前、バークレーに別れを告げ、サンフランシスコへ向かう。

San Francisco

まずは、友達のF子ちゃんと待ち合わせのレストランCITIZEN CAKEへ。以前F子ちゃんがパティシエールとして働いていたお店です。

a0100596_1722271.jpg



F子ちゃんは3人の男の子のママ。今日は女の子のようにかわいい末っ子のベイビーを連れてきてくれました。

たっぷりの朝食を食べてまだ間もなかったので、ポーチドエッグがのったホウレンソウとラルドンのサラダを母とシェア。カリカリ揚げワンタンがトッピングされた中華風チキンサラダはF子ちゃんがオーダー。飲み物は地ビールを。

Spinach salad lardon, with poached egg and mustard vinaigrette $11
Chinese chicken salad with ginger plum vinaigrette and crispy wonton $13

a0100596_17332192.jpga0100596_17334177.jpga0100596_17335633.jpg


2時間と短い時間ではあったけど、会えてよかった! 子育てに奮闘しながらサンフランシスコ生活を楽しんでいる様子がうかがえました。

弟と合流して、おしゃれなUnion st.へ。弟がRUGBY RALPH LAUREN(ラルフローレンの学生向けライン)でお買いもの中、私と母は町散策しStarbucksで休憩。(写真はUnion st.)

a0100596_1752940.jpg



Fisherman's Warf

サンフランシスコ観光の目玉。フィッシャーマンズワーフ。この周辺は18年前よりもお店の数が増え、ごちゃごちゃしてしまった感じ。

a0100596_17541398.jpg



蒸された蟹や海老、クラムチャウダー(もちろん器になるサワードウブレッドも一緒に)、生牡蠣、シーフードカクテル、シーフードサンドイッチなど、どこもかしこもシーフードの山。

a0100596_1755482.jpg
a0100596_17565994.jpg
a0100596_17552489.jpg
a0100596_1756497.jpg
a0100596_17563988.jpg
a0100596_17571923.jpg



サワードウブレッドで有名なお店BOUDIN BAKERY。ここも以前より大きなお店になっていた。
a0100596_17575673.jpg



BOUDINの店員さんがクラムチャウダーの器として使われたパンの残りがいっぱい入った箱を抱えて店からでてきた。「カモメにあげるの?」と聞くと「そうだよ。一緒においで!」と誘ってくれた。

お兄さんも、カモメも慣れたもの。

a0100596_17574281.jpg
a0100596_17582038.jpg
a0100596_17584220.jpg
a0100596_17592198.jpg



クラッシックなサンフランシスコスタイルのものから他の国々のお払い箱になったものまで様々なケーブルカーが走っていてびっくり! 以前は一種類だったのに。

a0100596_18203966.jpg



サンフランシスコともお別れ。今夜の宿のあるモントレーへ。3時間半のドライブです。

Monterey

ここもサンフランシスコ同様18年前に訪れたことのある町。とても好印象だった場所だったので今回の再来を楽しみにしていました!

すっかり日も暮れた頃モントレー到着。ホテルはCasa Munras。2階建のヴィラ式、地中海を意識した造り。ここでは、雰囲気のいい暖炉付きの部屋をリクエストしました。

a0100596_8263865.jpg
a0100596_8265313.jpg

写真は翌朝写したもの


Old Fisherman's Grotto →HP

夕食はモントレーのフィッシャーマンズワーフにある、アメリカ一おいしいクラムチャウダーを食べることができると噂のOld Fisheman's Grottoへ。ここは、アメリカのレストラン口コミサイトYelpでも評判のいいレストラン。

観光地のレストランだけれど、地元のお客さんも多くシーズンオフの平日というのにほぼ満席。

a0100596_8315349.jpg



毎週火&水曜日はLocal dayということで、今日はボトルワインがすべて20%引き、前菜がサービス、そして女性にはバラの花のプレゼントという特典付きでした。ラッキー♪

本当は旬のDungeness crabを食べたかったのだけど良いものはSold Out。残っているのはあまりお勧めしないと正直なアドバイスをしてくれた。

a0100596_8321887.jpgワインは、元気でにこやかなサービスをしてくれたおばちゃまお勧めのもの。この店では一番高いワインだったけど20%引きなので奮発する。

2008 Rombauer Chardonnay $42(-$10.50)

ヴァニラ、トロピカルフルーツ系のまったりした風味。典型的なカリフォルニアンスタイルのシャルドネ。残念ながら、私たちが好まないタイプでした。


料理はこちらの4皿

a0100596_8323611.jpgGrilled Artichoke & Fride Calamariの盛り合わせ , Compliment

Grilled Artichoke・・・Castroville artichoke marinated in balsamic vinaigertte,served with lemon dill aioli
Fried Calamari A Grotto Fovorite・・・Tender Monterey Bay calamari stripeds and tentacles,lightly seasoned,floured and deep fried,served with tartar sauce,cocktail sauce and lemon

マリネされたアーティチョークのグリル、ふわっ&カリッとした衣に包まれた地元で捕れたや柔らかいイカ。メニューの解説を見ても分かるように、どちらもこだわりが感じられる。
味もボリュームも大満足でこれが無料のサービスとは驚く。
Local dayの今日来てよかったなとつくづく思った一皿。


a0100596_8325416.jpga0100596_833812.jpga0100596_8332250.jpg

Oyster on the Half Shell(Six Fanny Bay B.C. Oysters) $10.95
ここでも生牡蠣を。
Original Monterey Style Clam Chowder $4.95
噂のクラムチャウダーは、悪くはないがアメリカ一???というほどの感動はない。
Captain's Plate $10.95
Lobster,Shrimp,Scallops & Salmon boiled with lemon herb sauce served with saffron rice & seasonal vegetables
ボリュームのある贅沢なシーフードの盛り合わせ。どれも旨みがしっかりとあり、爽やかなハーブレモンソースと合う。

これだけシーフードを食べて、ワインも飲んで、tax+tip、〆て$100♪
サービスも味もボリュームも、そしてリーズナブルな価格にも大満足。

観光地のレストランなのであまり期待しないで出かけたけど、大当たりでした!



a0100596_10255938.jpga0100596_10261063.jpgNightcapはNapaのClos du Valのメルロー。

上品で凛としていて、滑らかで、とてもおいしい1本でした。

バラはレストランからのプレゼント♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-11 21:35 | カリフォルニア・ワイナリー巡り

Californiaの旅日記 5

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード

6日目 10月26日(月) ☆ 今日も快晴♪ 本当に今回の旅も天候に恵まれている。母&私2人の晴れ女パワー全開! 今日はSonomaのワイナリーを巡ります。 

パンプキンが飾られた、心地よい日差しが入る窓辺のテーブルでホテルの朝食を楽しむ。ミューズリー&ヨーグルト、そしてたっぷりのフルーツでビタミン補給♪

a0100596_2205154.jpga0100596_22392571.jpg



SONOMA 1軒目 ROCHIOLI(訪問・試飲・購入)HP

SONOMAのワイナリー巡りのスタートはRussian River ValleyにあるROCHIOLIから。

a0100596_21565252.jpg


ワイナリーの目の前に広がるROCHIOLIのぶどう畑。ガラス張りのテイスティングルームからもこの景色が望めます。

a0100596_21571021.gif


試飲は無料! ただ、2008 Estate Chardonnay($36) と2007 Ranch Red($28)の2種のみで他のワインはSOLD OUTだそう。人気のほどにびっくり!

シャルドネはヴァニラ、トロピカルフルーツのニュアンスがあるものの酸もしっかりあるのでバランスはいい。
赤はSyrah70%Zinfandel30%とは思えぬ、デリケートで上品な味わい。とても好み。赤を2本購入。

a0100596_21582729.jpg


White Houseの晩餐会のワインリストにも頻繁にこちらのワインが使われるそう。分厚いアルバムにはホワイトハウスから送られた晩餐会の食事とワインのメニューとお礼の手紙などがストックされていました。写真のメニューはイギリス首相トニー・ブレア氏来米の際の晩餐会のもの。

a0100596_21573055.jpga0100596_21575790.jpg


本当に素晴らしいワインメーカーだと実感。といっても敷居が高いわけではなく、ワイナリーの方はとても気さく。他のお勧めのワイナリーや近くのおいしいお食事どころなど、沢山の情報を提供してくれました。肩の凝らないワインテイスティングと楽しい時間に大変満足な訪問。


SONOMA 2軒目 HARTFORD FAMILY WINERY(訪問・試飲・購入)→HP

ROCHIOLIのマダムに紹介された気品のあるワイナリーHARTFORD FAMILY WINERY。

a0100596_834481.jpg

a0100596_8334331.jpg



収穫してばかりのぶどうが積まれていました。
a0100596_8342974.jpg



ワインのテイスティングは2種。Standard Flight $5 & Reserve Flight $15(standard flight +three additional single vineyard wine)

ワインを購入すればテイスティング料は免除されるので、購入予定ならReserve Flightの方がいいよとのアドヴァイスをしてくれる。

a0100596_836677.jpg



1杯目のシャルドネからあまりのおいしさにびっくり! そしてテイスティングが進むにつれ更なるおいしさに感動しきり。どれもフランスの名醸ワインを飲んでいるかのよう。気品のある香り、洗練され奥行きのある味わい。とてもバランスがよく欠点が全く見つからない。

更に驚いたのがZinfandel。私にとって、濃くくどいイメージであまり好まない品種だったけど、あまりにも綺麗な味わいで「本当にこれZinfandel?」と疑ってしまいたくなった。このワイナリーではZinfandelをPinot Noirのような品のあるスタイルに仕上げていると話していた。

最後に「どれが一番好みでしたか?」と質問された。迷った挙句、母も私も「全部!」と答える。

ここのワインはWhite Houseの晩餐会で2度使われたそう。
a0100596_8351185.jpg



a0100596_8362911.jpgStandard Flight $5
2006 Fort Hearts Chardonnay $40
2006 Land's Edge Pinot Noir $45 ・・・購入
2006 Russian River Valley Zinfandel $35
Reserve Flight $15
2007 Laura's Chardonnay $35
2007 Velvet Sisters Vineyard Pinot Noir $60
2007 Hartford Vinyard Zinfandel $55 ・・・購入(絶品!)


Lunch Time♪

こだわりのあるサンドイッチが絶品!とROCHIOLIのマダムお勧めのデリカテッセンAioli A Gourmet Delicatessenにてランチタイム。
a0100596_9262538.jpg


グリルした野菜がたっぷり入ったイタリアンテイストのホットサンドイッチ、ブロッコリーのソテー、コーンスープなどどれもおいしかったです♪ 

a0100596_9264543.jpg



SONOMA 3軒目 Iron Horse (訪問・試飲・購入)→HP

丘の上にあるワイナリーIron Horseはスパークリングワインで有名。オープンエアーのテイスティングルームで丘陵のぶどう畑を望みながら泡を楽しむ。なんとも贅沢!

a0100596_943137.jpg
a0100596_9501099.jpg

a0100596_944504.jpg


テイスティングメニューはSparkling Flight($10),Still Flight($10) & Reserve Sparkling Flight($15)の3種。なかなかカリフォルニアの高級スパークリングを飲む機会もないので、今回はReserveを選ぶ。ここもワインの購入でテイスティング料が免除されます。一番印象の良かったUltra Brutを購入。

Reserve Sparkling Flight
2006 Tut Cuvee $30
2004 Ultra Brut $50・・・購入
2001 Classic Vintage Brut $40
2002 Brut LD $85
Joy 1.5L $146



SONOMA 4軒目 Merry Edwards Winery (訪問・試飲・購入)→HP

ここのワインはレストランかメーリングリストに登録されている個人のみにしか販売されていない。ROCHIOLIのマダムお勧めワイナリー。

a0100596_107393.jpg



花が咲き乱れるガーデン、黄葉と青葉が混じったぶどう畑、そして青い空が広がる美しい景色。

a0100596_108279.jpg



試飲は2007年ヴィンテージのPinot Noir3種。テイスティング量は無料!

a0100596_1084840.jpg


2007 SONOMA COAST ,PINOT NOIR $36
2007 RUSSIAN RIVER VALLEY ,MEREDITH ESTATE ,PINOT NOIR,METHODE A L'ANCIENNE  $54
2007 RUSSIAN RIVER VALLEY ,COOPERSMITH ,PINOT NOIR,METHODE A L'ANCIENNE $54・・・購入

どちらもエレガントで、PINOT NOIRらしい個性がしっかりと味わえる。



完売のSauvignon Blancはこの品種のパーカー評価としては最も高いものらしい。飲んでみたかったな。

a0100596_109858.jpg




SONOMA 5軒目 DUTTON Goldfield & BALLETTO(訪問・試飲・購入)
Dutton Goldfield →HP
BLLETTO →HP

こちらもROCHIOLIのマダムお勧め。特にDUTTON Goldfierdはとても評価の高いワイナリーのようです。

a0100596_11224625.jpg



テイスティングはDUTTON($10) & BALLETTO($5)の各1種ずつ。ここでも、ワインの購入でテイスティング料は免除されます。SONOMAのワイナリーのテイスティングはほとんどこのシステム(あるいは無料)。NAPAでは購入の有無を問わずすべてテイスティング料(それも結構高い)を取られたことを考えるSONOMAは訪問者にやさしい。

a0100596_11363332.jpg


DUTTON Goldfield
2008 GREEN VALLEY VINEYARD GEWURZTRAMINER(GREEN VALLLY of RUSSIAN VALLEY) $25・・・購入
2007 DUTTON RANCH CHARDONNAY(GREEN VALLLY of RUSSIAN VALLEY) $35
2006 McDOUGALL VINEYARD PINOT NOIR(SONOMA COAST)$55
2007 FREESTONE HILL VINEYARD PINOT NOIR(RUSSIAN RIVER VALLY) $58
2007 MORELLI LANE VINEYARD ZINFANDEL(RUSSIAN RIVER VALLY) $40

BALLETTE
2007 BALLETTO ESTATE PINOT GRIS(RUSSIAN RIVER VALLEY) $14
2006 BALLETTO ESTATE CHARDONNAY(RUSSIAN RIVER VAALLEY) $9
2008 BALLETTO ESTATE PINOT NOIR(RUSSIAN RIVER VAALLEY)$24
2006 BALLETTO ESTATE ZINFANDEL(RUSSIAN RIVER VAALLEY)$16.80・・・購入
2007 BALLETTO GEWURZTRAMINER(RUSSIAN RIVER VAALLEY)$17

BALLETTEはカジュアルにおいしく、DUTTONは品格のある味わい。それぞれで気に入ったものを1本ずつ購入。


a0100596_11232862.jpg


元気なお姉さんの愛情溢れるワインの解説を聞きながらのテイスティングはとても楽しかった♪ Thank's a lot!

_______________________

RUSSIAN RIVER VALLEYのワインが自分たちの好みにぴったり合いそうだったので、当初のSONOMAのワイナリー訪問予定を大幅に変更し一日のほとんどをこのエリアで過ごしました。ROCHIOLIのマダムのアドバイスのお陰で沢山のおいしいワインに出会う事ができ、ほんとうに感謝!~~~

最後に訪れた次のワイナリーが唯一違うエリアです。
_______________________

SONOMA 6軒目 LANDMARK VINEYARDS(訪問・試飲・購入)→HP

KENWOODにあるワイナリー。ガイドブック「カリフォルニア ワイントピア」で~シャルドネ・ファンには必ず訪れてほしいワイナリー~との記述があったのでどんなにおいしいシャルドネが飲めるのだろうと興味をもって訪れた。

a0100596_1156877.jpg



広いテイスティングルームにはワイングッズやお土産なども売っている。

a0100596_11552773.jpg



テイスティングメニューはSIGNATURE FLIGHT(CHARDONNAY/PINOT NOIR/SYRAHの3種)$5,CHARD LOVERS FLIGHT(CHARDONNAY 3種) $10,SINGLE VINEYARD FLIGHT(CHARDONNYA 2種 & PINOT NOIR2種) の3種。もちろんここではシャルドネを飲み比べたかったのでCHARD LOVER FLIGHTを選ぶ。


a0100596_11562964.jpg


CHARD LOVERS FLIGHT $10
2006 OVERLOOK CHARDONNAY $20
2006 DAMARS CHARDONNAY $40
2006 LORENZO CHARDONNAY $53

おまけにSINGLE VINEYARD FLIGHTより、マダムがお寿司と合わせると最高との
2007 BIEN NACIDO CHARDONNAY $42を試飲し、こちらを購入。

_____________________________

これで、ワイナリー巡りは終了。
景観的にはNapaの方が良かったけど、好みの味のワインにより多く出会ったのはSonoma。是非またいつかSonomaに来て、他の地域も巡ってみたい。
毎年3月に開催されるというワインのお祭りに来るのもいいな。

さて、今夜の宿があるBerkleyへ向けて出発!
_____________________________

Berkeley

California大学 Berkeley校があり、大学街と知られているバークレー。今夜この街に宿泊を決めたのは憧れのレストランCHEZ PANISSEで食事をするため。

夕方18:00前に到着。ホテルは町の中心にあるHotel Chuttuck Plaza。外観はクラッシック、しかしロビーや部屋はとてもモダン。ロビー階にはおしゃれなバーがあり、ホテルの客のみならず地元の人たちでも賑わっていました。

a0100596_16411192.jpg

a0100596_16405276.jpg


食事の予約は18:30。急いで着替え、夕日で真赤に染まったバークレーの街を急ぎ足でレストランへ向かう。

a0100596_13125422.jpg



CHEZ PANISSE →HP

創業1971年。オーガニック野菜など、こだわりの食材を使ったカリフォルニアン・キュイジーヌの先駆者アリス・ウォーターさんのレストラン。私の20年来の憧れの店での食事にドキドキ。

a0100596_13152322.jpg



店内はレトロで落ち着いた雰囲気。お客さんは団塊の世代~年配の方がほとんどで私たちが一番若い。
料理を待つ間おしゃれなオープンキッチンに入り、料理をしている様子を見せてもらう。

メニューは日替わりの完全フィックス制。
曜日により内容も値段も変わる。月曜日が一番軽い内容で値段も安い(3皿で$60)。

a0100596_13155357.jpga0100596_13165833.jpga0100596_13192278.jpg


a0100596_13161057.jpga0100596_1320940.jpga0100596_13204444.jpg


まずアミューズにマッシュルームのディクセルのカナッペが出てきて、以下3皿が続く。

Green bean and cucumber salad with pickled chanterelles
___________
Porc roti aux coings : Spit-rasted Becker Lane pork loin with quince,braised greens,and butternut squash pancakes
___________
Bittersweet chocolate,espresso,and mascarpone ice cream combe

食後のコーヒーと共にオレンジピールチョコとクッキーがサーブされた。
噂通りAcme Breadのパンもおいしい。

料理はどれも素材を生かしたシンプルな調理法。味も複雑さはなく素直においしいと思えるものばかり。薪ストーブで焼かれた豚肉の火の入れ方がよく、肉質も上品。ただ、前菜とデザートはあまりにもシンプル過ぎたかな。

サービスはベテランらしきソムリエはよかったが、新人(研修生?)の女の子はお皿の下げるタイミングに手間取っていたりして少し落ち着かなかった。

a0100596_13222890.jpgワインは料理に合わせてソムリエに選んでもらった。デリケートでバランスよく、料理ともよく合いおいしかった。

2006 Navarro Vineyard,Anderson Valley,Mendocino,Pinot Noir $48 



tax,tip,cafeなど〆て3人で$300。今回の旅で値段的には一番豪華な食事でした。


食後は、1920年創業のアメリカで最も歴史のある醸造所兼ビールバーTRIPLE ROCKにてビールを楽しむ。

a0100596_15202445.jpga0100596_15204329.jpg


a0100596_152133.jpgビールの醸造タンクが店内からガラス越しに見える。


a0100596_15211719.jpg7種以上の自家製生ビールがある中で私たちが選んだのは以下の2種。

Red Rock Ale $4.75
Single Hop $4.75

おいしいにはおいしいけど、味にそれほどの奥深さは感じられなかった。


a0100596_10305254.jpg今日のNightcapは今日買ったBALLETTOのZin。カジュアルにおいしく飲める1本。

明日はサンフランシスコ。ロンドンの製菓料理学校時代の友達F子ちゃんとの再会が待っています! 楽しみ♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-10 22:36 | カリフォルニア・ワイナリー巡り

Californiaの旅日記 4

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

5日目 10月25日(日) ☆ 今日も快晴、真っ青な空が気持ちイイ♪ Napaのワイナリー巡りに出発です。 

朝食は前日夜にオーダー。翌朝希望の時間に部屋に運んでくれます。ほうれんそうのキッチュ、チーズとハムのキッチュ、ベーグルサンド、そしてペイストリー色々。飲み物はフレッシュスクイーズのオレンジとグレープフルーツジュース。部屋にコーヒーマシンとケトルが備えてあるのでコーヒーや紅茶は自分で入れます。温かいキッシュやベーグルはなかなかおいしい。でも、量が多すぎて全部は食べれず。

a0100596_1258114.jpg


さて、お腹もいっぱい。10:00amにホテルをチェックアウト。ワイナリーに行く前に、昨日Downtownで見つけたAntique shop’Antique on second'へ。リーズナブルで素敵な食器をあれこれ購入。

a0100596_1351086.jpg



Napa 2軒目 Darioush(訪問のみ) →HP

Napaのワイナリー2軒目はリッチでゴージャスなDarioushへ。ここでは試飲はせず、この神殿のようなエントランスを見学するために訪問しました。

a0100596_131016100.jpg



Napa 3軒目 Clos du Val(訪問・試飲・購入) →HP

次はワイン屋さんで働く友達Cちゃんお勧めのワイナリーClos du Val。ここの建物は派手ではないけどとても上品で感じがいい。

a0100596_13142396.jpg



Classic($15) & Reserve($20)の2種あるフライトテイスティングの内、Reserveを選ぶ。しかし、味比べのためと言ってclassicの白&赤のワインもいくつか試飲させてくれた。とても親切で気前のいいワイナリーです。

a0100596_1317859.jpg

テイスティングしたワイン8種。どれも上品な味わいで好みのものばかり。

2007 Chardonnay,Carneros $24(classic)
2007 Reserve Chardonnay,Carneros,Napa Valley $42
2007 Pinot Noir,Carneros $30(classic)
2006 Reserve Pinot Noir,Carneros,Napa Valley $50
1998 Reserve Cabernet Sauvignon,Napa Valley $125
2005 Cabernet Sauvignon,Stags Leap District,Napa Valley $70
2005 Reserve Cabernet Sauvignon,Napa Valley $105
おまけ・・・パーカー評価がとても高いメルローもお願いして試飲させてもらう
2006 Napa Valley Merlot $26(classic)・・・2本購入

最後に試飲したMerlotを2本、ロゴ入りピクニック用グラスとロゴ入りウォーターを購入


Napa 4軒目 Stag's Leap Wine Cellar(訪問 & 試飲)HP

a0100596_13425648.jpg


内装リフォーム中で味気のないテイスティングルーム。ちょっとがっかり、、、
Napa Valley Collection($15) & Estate Collection($30) の2種のフライトテイスティングメニューがある。私は前者の$15を試飲。

2007 Sauvignon Blanc $26
2007 KARIA Chardonnay $34
2006 Merlot $45
2006 ARTEMIS Cabernet Sauvignon $55

好みのワインはなく買わずに出る。


Napa 5軒目 Stags Leap(ブドウ畑とワイナリーの入口まで見学)HP

ワイナリー訪問とテイスティングは2か月以上前に予約が必要。Napa再来の際にはぜひ予約して訪れたい。

a0100596_160376.jpg


a0100596_13512035.jpg


Napa 6軒目 Opus One(訪問・試飲・購入)HP

言わずと知れたカリフォルニアワインの最高峰Opus One!

a0100596_1495932.jpg


ここは前もってリザベーションしないと門をくぐることさえできないとの噂があったので、ダメもとで訪れてみた。しかし、あっさりと門をくぐりワイナリーの建物の中にも入ることができた。そして、エントランスの受付で試飲の予約ができ、そのままテイスティングルームに通される。

a0100596_21485170.jpg
a0100596_14112616.jpg


試飲できるのはもちろんOpus One。2005年と2006年の2種のみ。1グラス$30。ちなみにボトルの価格は2005年は$200、2006年は$195!

a0100596_14104093.jpg


私たちは2005年を試飲。まだ若いのにタンニンは柔らか。ボリュームはあるのにやさしい口当たりで品がよく、丸みがあり、すこぶるバランスがいい。本当においしいなと改めて思う。実は昨年の大みそかに叔父に同じビンテージのものを御馳走になった。人生で2回目のOpus Oneに再び感動。

影を生かしたモダンな屋上テラスへ上がり、引き続きワインを楽しむ。

a0100596_14123029.jpg


Napa Valleyのぶどう畑が一望でき気持ちいい。ぶどう畑の向こうにNapa Wine Trainが走る。

a0100596_1413297.jpg


さすがにOpus Oneは買えないけど、ワイナリーでのみ販売しているセカンドワインOuverture($60+tax)を記念に購入。このワインはOpus Oneにはなり得なかったものでノンヴィンテージです。

a0100596_14153973.jpg


実は訪問前はテイスティング料1杯$30は高すぎるなんて思っていたけれど、この素晴らしい空間でこれだけのワインを味わえるのだから本当に贅沢。思い切って門をくぐってよかったと心底思った訪問でした。


Napa 7軒目 Robert Mondavi Winery(訪問のみ)HP

一応有名どころは訪問だけでもしておこうとモンダヴィに。さすがに立派でお客さんも多い。

a0100596_951252.jpg



Napa 8軒目 Peju(訪問・試飲・購入)HP

弟のアメリカ在住のワイン好きの知人に紹介されたPeju。入口にはハローウィンのパンプキンがごろごろと転がる。

a0100596_14585433.jpg


見事なステンドグラスが張られたテイスティングルーム。

a0100596_151156.jpg


試飲は有料だが、ワインを購入すると試飲料が免除される。

a0100596_14592436.jpg


Sauvignon Blanc、Chardonnay、Provence(白&赤ワインをミックスしたロゼ)、Merlot 、そしてCabernt Sauvignonを試飲した。Opus Oneの後だったからかどれも味気なく感じてしまった。とりあえず今晩のNighatcap用にSauvignon blanc($22)を1本購入。


Napa 9軒目 Rubicon Estate(訪問のみ) →HP

フランシス・コッポラ監督が所有することで知られるワイナリー。風格のある邸宅といった風貌でとても感じがよい。

a0100596_154748.jpg


1階はテイスティングルーム、ワインショップ、お土産屋、そしてオスカー像などが飾られたコッポラミュージアム(?)がある。2階は映画に関係する物(カメラや衣装など)や高級車などのコッポラコレクションの展示、熟成中のワイン樽やステンレスタンクがある。

a0100596_1513517.jpg


ここは試飲はしなくとも、訪れるだけで楽しめるワイナリーです。


Napa 10軒目 Beringer(訪問のみ)HP

ここは、ワインのエティケットにも描かれている素敵な邸宅を見てみたいと思い訪問。

a0100596_1593497.jpg


ワイナリーは結構広くて訪問客も多い。手入れの行きとどいた美しい庭が印象的。

a0100596_15134877.jpg



Napa 11軒目 Castello di Amorosa(訪問のみ)HP

昨日偶然会った母の元先輩に「ぜひ行ってみて」と勧められた、イタリアのお城のようなワイナリー。

a0100596_15194817.jpg


お城の前には収穫前のぶどう畑が広がる。

a0100596_15204976.jpg



Napa 12軒目 Clos Pegase(訪問 & 試飲)HP

以前、アメリカから遊びに来た友達のお土産で飲んだことのあるClos Pegase。おいしかったとの記憶があり、そしてワイン友達Cちゃんのお勧めともあって訪れた。

a0100596_1518261.jpg


Premium Wine Tasting $15 とDessert wine Tasting $7.5 の2種のテイスティングメニュー。辛口ワインのみの$15の方を選ぶ。

2008 Mitsuko's Vinyard Sauvignon Blanc $20
2006 Napa Valley Cabernet Franc $28
2006 Napa Valley PEGASO 44% Petit Sirah 29%Zinfandel 27%Syrah $28.50
2006 Napa Valley Cabernet Sauvignon $43 

どれも悪くはないのだけどOpus Oneのあの味が記憶と舌に残っているからか? やっぱり買うほどの決め手には欠けていた。内容、量、種類から考えたら他のワイナリーより高めに感じる試飲料金。


Napa 13軒目 Sterling(訪問のみ)HP

なんとロープウェイで登るワイナリー! 乗車料に試飲代も含まれている。閉館数分前だったので登らずケーブルカーの乗車口まで見学。後日会ったLAの友達はここを訪問したことがあり、山頂からの景色がすごく綺麗だと話していた。Napa再訪の際にはぜひ登ってみたい。

ここでNapaのワイナリー訪問は終了。今夜の宿泊先SonomaのHearlsburgへ車で山を越え移動。

a0100596_15303055.jpg



Sonomaの町Healsburgに到着

こじんまりとしているけど、洗練された街Healsburg。今夜の宿はこの街の中心にあるホテルHealsburg Inn on the Plaza

a0100596_18175469.jpg
部屋の感じもなかなかいいのだけど、それ以上に猫足のバスタブがあるバスルームが気に入りました。

このホテルでも、サロンでワインとアペタイザーのサービスがありましたが、終了時間5分前到着した私たちに残されたワインはほんの数ドロップ、、、残念!

Willi's Seafood & Raw BarHP

昨日の夕食はお肉だったので今晩はシーフードに。HealsburgのDowntownにある、webの口コミでとても評判がよかったシーフードレストランWilli's Seafood & Raw Barに行ってみることに。

a0100596_18212384.jpg


他の料理とは別に用意されたメニュー'The raw Bar’には産地と種類の違う5種の生牡蠣と生はまぐりが1種がある。生牡蠣が大好きな私たちは避けて通れないこのメニュー。アペタイザーとして生牡蠣2種と生はまぐりを選ぶ。

a0100596_18221495.jpga0100596_18231613.jpg


Marin Miyagi Tomales Bay California $2.5×3
・・・日本が原産種の真牡蠣。身がぷっくり。きりっとした塩味がある。
Beau Soleil(Beautiful sun) New Brunswick Canada $3×3
・・・お店一番のお勧め。ミネラル感とミルキーさですごくおいしい!
Littele Neck Clams Cape Cod Massachusetts $2×3
・・・フレッシュで上品な味わいのはまぐり。


温かい料理と4品とワイン2種。

a0100596_18234451.jpga0100596_18235720.jpga0100596_20183510.jpga0100596_18241886.jpga0100596_1822514.jpga0100596_18244549.jpg


Sweet Cortez Bay Scallop Ceviche “ Mild or Screamin” $10
・・・小粒で甘いスキャロップのセビッチェ。爽やかなおいしさ!
Pan Roasted Shrimp with Chilies, Lemon & Garlic $12
・・・殻付きエビ、ルッコラ、刻んだスプリングオニン、とうがらし、スライスオニオン、レモンを一緒にオーブンで焼いた料理。ぷりっとしたエビと野菜のコンビネーションがいい。エビの下にスライスしたフランスパンがしかれている。エビのうまみを吸ったパンがこれまた美味しい♪ この料理は我が家でも作ってみようと思う。
Dungeness Crab Cake, All meat / No Filler! $13
・・・有名なDungeness Crubのうまみがぎゅぎゅぎゅと詰まった贅沢なクラブケーキ。
Almond Crusted Market Fish, Lemon Caper Butter $15
・・・今日のお魚は私の大好きなhalibut(おひょう)。キャラメリゼされたカリカリのスライスアーモンドをまとったふっくらとしたおひょうのフィレを、レモン・ケッパー・バターソースで味つけた凝った一品。魚の味はすごくいい。アーモンドの量がもう少し控え目だったらなお良かった。

ワインは、サンパティックで心地よいサービスをしてくれたおばちゃまお勧めのもの。白、赤どちらも私たち好みで飲み疲れしないやさしい味わい。
Chardonnay Lambert bridge 2006 Sonoma $44
Pinot Noir Benovia Sonoma Coast 2007 $47

tax & tipも合わせて〆て$210。料理もサービスも満足度の高いディナーでした。


HEALDSBURG BAR & GRILL →HP

食後は地元の人たちで賑わうBARでビールを飲む。皆、4台の大画面テレビでスポーツ中継に釘つけ。2台はベースボールのワールドリーグ、もう2台はアメフト中継。ベースボールはヤンキースが出場していて、ゴジラ松井の姿も見られた。

a0100596_18251142.jpga0100596_20381742.jpg

ここで飲んだのは地元Sonomaのビール2種
Russian River Damnation Belgian Ale $5 & Anderson Vally Boont Amber Ale $5


a0100596_18253541.jpgホテルに戻り、冷やしておいたPEJU のSauvignon BlancをNightcapに。

今日は一日長かった! 明日はSonomaのワイナリー巡りです。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-09 21:03 | カリフォルニア・ワイナリー巡り

Californiaの旅日記 3

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

4日目 10月24日(土) ☆ 4泊5日の北カリフォルニアの旅が始まります!

今日はLAからNapaまで一気にドライブ。7時間ちょっとの長い道程です。ゆっくりレストランでランチする時間もないので、おにぎりやほうれんそう入り卵焼き、ひじき煮、そしてお味噌汁などの母お手製日本式ランチパックを用意し、9:00amにいざ出発。

Freeway No. 5をぐっと北上。最も早くナパに到着できる道ではあるけど、景色がとても退屈なのが難点、、、途中、とてつもない巨大牧場があり、とんでもない数の牛と悪臭に驚く。弟いわく、フリーウェイNo.5の一番の見どころはここだと。 

途中、ガスステーションで休憩した際に見つけた産直のフルーツ販売所で、冷え冷えのメロンを購入。食感はサクッとしているけど結構甘くておいしい。

a0100596_17112347.jpg

a0100596_17113946.jpg


たいした渋滞にも合わず、4:00pm過ぎに無事Napaに到着。まずは丘の上にあるワイナリーArtesa Vineyards & Winery(写真下)を訪問。

a0100596_7563565.gif


モダンなオブジェや素晴らしい景観に見とれながらワイナリーを歩いていたら、ある日本人女性が母の肩をトントンと叩き、母はびっくりした顔をして「うゎ~」と叫ぶ。なんと彼女は母の職場の元先輩! ご主人の仕事で現在ご家族でナパに住んでいるとのこと(羨ましい!)。今日はワインを購入にこのワイナリーに来ていたのです。横浜の知り合いにアメリカ・ナパのワイナリーで偶然出会うだなんて。世の中って本当に狭いなとつくづく思う出来事でした。

試飲の受付は4:30pmまで、試飲は5:00pmまでというので慌ててテイスティングルームへ向かう。$10 & $15の2種あるflight tasting menu(飲み比べ)のうち$15のを選びテイスティング。

the Artesa Estate Reserve and Limited Release Wine Flight ($15)
2007 Limited Release Chardonnay,Carneros $35/bottle
2006 Limited Release Pinot Noir,Carneros $50/bottle
2005 Reserve Merlot,Napa Valley $30/bottle
2005 Limited Release Cabernet Sauvignon,Alexander Valley $40/bottle
2008 Late Harvest Orange Muscat,Mendocino County $35/bottle

どれも悪くはないけど特に私の好むものはなかったので購入はせず。

今回Napa&Sonomaで訪れた数あるワイナリーの中で、一番の絶景が望めるのがこのワイナリー。ワインの試飲だけでなく、景色を楽しむだけでも訪れる価値は有り! 



Napaの宿泊はNapa River Inn。川沿いにある、歴史ある元小麦粉工場を改装してつくられた雰囲気のあるホテルです。

a0100596_891472.jpg



ホテルのサービスのワインテイスティング。赤く染まる空の下、川沿いのテラスで赤(カベルネソーヴィニョン)と白(シャルドネ)のワインを楽しむ。

a0100596_893577.jpg



お腹もかなり空いていたのでがつんと肉料理を食べようと、NapaのDowntownにあるレストランBOUNTY HUNTERで夕食をとることに。

a0100596_8343428.jpg


地元のお客さんで溢れる店内は満席。席を待ちながら店員さんお勧めの白ワインをボトルで頼みアペリティフに。店内にずらりと並ぶワインを眺めながら2本目の赤を物色。思いのほか待たされず、20分ほどで席に着く。

a0100596_9412023.jpga0100596_9414078.jpga0100596_9415975.jpg


私達がチョイスした料理は・・・

Artichoke Spinach Dip $11
・・・アーティーチョークハート、ホウレンソウ、赤ピーマン、にんにく、パルメザンそしてプロシュートで作ったHOTディップ。私の大好きな食材たっぷりでとにかくおいしい!!! あら刻みにした野菜とプロシュートをパルメザンとミックスしオーブンで焼いている。野菜グラタン感覚でそのまま食べてもいい。とても気に入った一品。早速再現してみようと思っています。
Chef's Cheese Plate $15
・・・チーズ4種。付け合わせはローストしたアーモンド、キャラメリゼしたピーカン、フレッシュイチジク、そしてパン。ワインが進む一品。
The Bounty Hunter Smokin' BBQ Platter $29.50
・・・Pulled pork(割いた豚肉)、胸部、あばら肉の3種の豚肉のスモークBBQの盛り合わせに3種の甘めのソースが添えてある。アメリカンサイズでボリュームたっぷり。スモークしてから焼かれた香ばしい肉の風味がいい。

Wine
2007 Streamside Sauvignon Blanc Napa Valley $34 
2006 Pursuit 'Campfire Red' Napa Valley $52(-$12)

料理とワインのほかに、sparkring & still water,tax,tip〆て3人で$160。ワイン2本飲んで、ボリューム、味、サービスすべて含めてこのディナーはかなり満足のいくものでした。Napaでお肉とワインを楽しみたい方にお勧め!


食後は醸造所兼ビールバーDowntown Joe's Grill & Brewhouseでナパの地ビールを楽しむ。

a0100596_954985.jpga0100596_954276.jpg
a0100596_9544570.jpg生のAleは8種あるのだが、飲んでみたかったAmber aleとStoutは売り切れ。残念! 

私たちが選んだのは、
Lazy Summer American Wheat
Tantric Indian pale Ale
もうひとつは忘れてしまいました。。。

どれもあっさりと飲めるタイプ。
すべて1 pint $5(+$1 tip)


a0100596_1014074.jpgホテルに戻る前に町の酒屋Val's LiquorsでNightcapにスパークリングワインを買う。

Domaine Chandon($24.24→日本で買うより高いみたい)
Moët & Chandon が1986年からナパで造るスパークリング

明日はずっと夢見てきたNapaのワイナリー巡りです!

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2009-11-08 17:50 | カリフォルニア・ワイナリー巡り