<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初めての沖縄

a0100596_13372571.jpg沖縄本島に行って来ました。

うわさ通り、美ら海水族館のジンベイザメは大迫力!(写真)

他には、黒糖工場や泡盛の酒蔵訪問、那覇や糸満の市場散策、もちろん沖縄料理をたっぷり食べて(なんと4日間で2kもウェイトが増えていました!)、お酒もたんまり飲んで、島野菜や食材を買い込んで、大充実の初沖縄でした♪

こちらのブログにも沖縄旅行のこと書いてます→世界食べ歩きの旅

[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-26 13:38 | 世界おいしい旅

牛のミルクピッチャー kawaii

a0100596_20441363.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

食卓に飾るお花は小振りなものが好き。

フランスの蚤の市で見つけたアンティークの仔牛のミルクピッチャーに、
寒い冬のお庭にけなげに咲いていた白いアリッサムを挿してみた。

テーブルがほんわかと温かくなりました。
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-21 09:34 | 世界で見つけたかわいいもの

カナダ土産のコンフィチュール

a0100596_9135487.jpga0100596_9141213.jpg


母からのカナダ土産のコンフィチュール。
でも、グーズベリーはスイスのHERO社、緑のいちじくはフランスのST. DALFORT社のものです。

グーズベリーのコンフィチュールは大好きだけど、日本ではほとんどお見かけしないのが残念。
生のものはとっても酸っぱいけれど、コンフィチュールにするとやさしい味になる。

そうそう、以前母が、
「子供の頃住んでいた北海道で‘グスベリ’を山で摘んで食べたのよ」って話をしていた。
これってグーズベリーのことだったのかな・・・?
確か、丸くて、縞模様で、淡い緑色って言ってたし。

緑のいちじくのコンフィチュールは上品な味わい。いちじくのプチプチ感としっかりとした果肉の食感がいい。

どちらも美味しかったです♪
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-16 09:14 | コンフィチュール

エッフェル塔が好き kawaii

a0100596_140990.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

食器棚の隅っこにあるちっちゃなエッフェル塔コーナー。

ティーンの頃からパリに憧れ、オリーブのリセファッションをお手本にベレー帽をかぶってみたり、トリコロールの配色のグッズに惹かれ、そしてパリの象徴・エッフェル塔モチーフの物が大好きでした。 
それは、大人になった今でも変わらずです。
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-14 14:00 | 世界で見つけたかわいいもの

世界一周の旅

a0100596_231956.jpg今朝、弟夫婦が世界一周の旅に出発しました。

まずはタイに入り東南アジアを周り、その後ヨルダン~モロッコへ、そしてヨーロッパに入り、それから中南米各国を巡り、1年後に帰国という予定らしいです。

旅人生を送っている我が兄弟の中でも世界一周をした者は今までいなかった。彼らがどんな1年を過ごすかが今の私の最大の楽しみです。

世界の人々に触れ、文化に触れ、音楽に触れ(弟の分野ですので)、美に触れ、食に触れ(私の為にも)、多くを得てきて欲しいです。

困難もあるかと思うけど、けんかもすることもあるかと思うけど、辛いこと以上の楽しみ、喜び、感動、出会いがあると思います。とにかく無事に1年後に笑顔が見れることを願っています。

それでは、ハノイで会えるのを楽しみにしています♪
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-12 19:13 | 色々

グロセイユ(赤スグリ)のコンフィチュール2種

a0100596_940557.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

☆ スイス・HERO社のグロセイユのジュレ

母のスイス土産。いつも旅先からコンフィチュールを買ってきてくれます。ありがとう♪

かなりしっかりとした固さのジュレ。スプーンですくってパクリと食べるとパート・ド・フリュイのような感じ。ドレッシングのアクセントにしたり、鴨肉のソースにしてもいい感じ。


a0100596_9183252.jpg☆ la confiture de groseilles de Bar-Le-Duc
フランス・ロレーヌ地方・バール-ル-デュックのグロセイユのコンフィチュール 


グロセイユの小さな一粒一粒の種を、がちょうの羽先で取るという気の遠くなる作業をして作られるコンフィチュール。

とろん&プチッとした食感、グロセイユの風味をギュギュッと凝縮させた味わいは素晴らしいの一言。今回は赤スグリですが、白スグリのものも上品でとても美味です。

ポテッと厚みがあり、なだらかなラインのある素敵なフォルムの瓶も魅力的。

しかし、そのお値段にはビックリ! 
フランスでは20ユーロくらい、そして日本のDEAN & DELUCA ではなんと5000円!!!ユーロ高なのでしょうがないのですね、、、 

そんな贅沢なコンフィチュールは優雅に頂きましょう。
クレメ・ダンジュやフォンテーヌブロー(フロマージュブラン&ホイップクリームを混ぜた感じのデザート)のソースにするのもいいし、ひとかけらのブリオッシュにのせシャンパーニュと一緒にいただくのも素敵♪
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-09 08:46 | コンフィチュール

お正月気分は今日まで

昨日はお世話になっているワイン屋さん「平野弥」の新年会でした。

a0100596_2041955.jpg


今回出されたワインはフランス6種 & イタリア(バルバレスコ 造り手は忘れてしまいました)1種の計7種。それも全てマグナムがずらりと揃い圧巻! 

フランスに滞在していた頃にぶどう畑は訪れたものの、口にしたことのなかった憧れのワイン、Saint-EmilionのChateau Angelus 94' や Clos de la Roche 04'(Lucie et Auguste Lignier) もでてきて大感動♪ そしてGangloffのCondrieu はとても好みの味で飲んでいて幸せでした。

以前開催されたワイン会でお会いした方との再会もあったりで楽しいひとときをでした。

今日は幼馴染の一児の母Aちゃんが我が家に遊びに来てくれる。久々に2人でゆっくりお食事という予定だったけど、今月中旬から世界一周旅行に出掛ける下の弟がお友達2人と荷物を運びにきていて、更に母も加わり、計6人で賑やかにパスタ(アンチョビ・ルコラ・ケッパー・黒オリーブのトマトソースのリングィネ)&アップルスライスパイでランチをしました。

大晦日からの一週間、食べて、飲んで、楽しんでの繰り返し。そんな日々とは今日でお別れ。
ヨーロッパ式に今日まで飾っていたクリスマスデコレーションもお片づけ。

明日からびしっと気を引き締めていきまっしゃろ~
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-06 18:15 | 楽しいお酒

明けましておめでとうございます!

a0100596_10121621.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

大晦日は叔父一家、下の弟夫婦、そして両親の8人で賑やかに過ごしました。
ランチは中華街へ出掛け「景徳鎮」にて点心や麻婆豆腐を食べ、夜は叔父と私が料理して我が家で会食。

かんぱちのかまの塩焼き(ふっくらとした身、程よい脂でめちゃ旨! 大根おろしでいただきます)、お刺身(上大岡・鮨道楽より最高のまぐろ、赤貝、そして大好物のえんがわたぷりの平目。あ~幸せ♪)、平貝の磯辺巻き(薄く切った平貝に塩をして軽く焼き、のりを巻く。びっくりの美味しさ)、玉子焼き、チャプチェ、デジカルビ(コチジャンベースの自家製タレに漬けた豚バラを焼き、野菜に包んで食べる。最近の私のお気に入り)、インドネシア風鶏のグリル、ルッコラのサラダなど、様々なお国のお料理が並びました。

勝沼やフランスのワイン、焼酎、ヨーロッパやオーストラリアのビールなど、お飲み物の国籍も色々。

たっぷり飲み、がっつり食べ、いっぱい笑い、1年の締めくくりにふさわしい晩餐でした。

そして、元旦の朝。ぴ~んぽ~んと宅配便ですき焼き用の村上牛が届く。なんと、えび煎の懸賞で当ってしまったのです! ラッキーな年の始まりです。

この日の夜は、LAから上の弟が遊びに来たのでロゼのシャンパーニュ(ニコラ・フィアット)で乾杯して、勝沼の白ワイン、冬限定の生酒(偶然見つけた弟と同じ名前がついた酒)、新春の金粉入り日本酒、そしてビールなどを飲み、お祝い気分が盛り上がり、またまた飲みすぎてしまいました。

そして、今日2日。朝から母が大騒ぎ。肩がひどく痛み動けないと。昨晩すっころんでしまったときに強く肩を打ってしまったよう。正月早々、救急病院へ行き診察してもらう。骨が折れたかもと心配したけれど、脱臼ですんだのでホッッ。でも、完治するのには時間がかかりそうです。

母の騒動で毎年恒例の鎌倉へのお参りはキャンセルとなり、叔父夫婦と中華街「菜香・市場通り店」へお食事に。中国式正月料理や定番料理を食べながら紹興酒をたっぷりと飲みお正月気分を堪能。

と、、まあ色々あって楽しおかしのお正月を迎えています。
[PR]
by gastronomade2 | 2008-01-02 10:12 | 日々おいしい