<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

厦門から帰国しました♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

a0100596_16313613.jpga0100596_16321572.jpgここは烏龍茶の里、福建省。家庭でも、仕事場でも、野外でも、カジュアルな茶器を使いながらも、丁寧にお茶を淹れ、嗜む人々に多く出会いました。

その時決まって使用されていたのがこのステンレス製の角茶盤。超シンプルなデザインだけれど、その素っ気無さがかえっていい。普段から気軽に中国茶を楽しもう!という気にさせてくれる。私も早速、厦門のスーパーで購入。中国茶がより身近なものになりそうです。


写真 左: 土楼にて。お茶の準備中のおじいさん。ステンレス製茶盤の脇には暖められたお茶碗がスタンバイ。
    右: コロンス島にて。野外で仕事中のおじさんのお茶タイム。
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-29 16:32 | 世界おいしい旅

富士屋本店 ワインバー

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

上京ほやほやのお友達Tちゃん、弟夫婦、そして母との5人で渋谷の富士屋本店ワインバーへ。ずっと行ってみたいと思っていたお店だけにこの日を楽しみにしていました。
立ち呑みバーですがゆったりとお酒が楽しめる落ち着いた雰囲気。ワインはボトルで2000~3000円のものが充実、惹かれるネーミングのおつまみの数々はリーズナブル、店員さん達はほどよくフレンドリー。こんなワインバーが横浜にもあれば入り浸ってしまいそう。

a0100596_1427121.jpga0100596_1427349.jpg☆お料理

黒豚の角煮
和牛の煮込み
まぐろとぼらのからすみ
生ハム
イベリコ豚のサラミ

お料理とお飲み物合わせて
約10000円(1人2000円)。
安い!


a0100596_8474285.jpga0100596_848342.jpg☆お飲み物
*ギネスで乾杯
*Kungfu girl Riesling 2006 Charles Smith columbia valley Washington state
造り手は元ロックミュージシャン チャールズ・スミスさん。
パワーある味わい、ハードなエティケット、カンフーガールというネーミング、すべてがロック! 
*Snoqualmie merlot 2003 columbia valley Washington state
やわらかい渋み、ほんのり樽香、程よい凝縮感、バランスのよい1本。


富士屋本店 ワインバー
住所: 東京都渋谷区桜丘町2-3
電話: 03-3461-2128



a0100596_1537421.jpgお次はワインバーの裏手地下にある立ち呑み屋「富士屋本店」へ移動。

ワインバーとは打って変わってここは超大衆居酒屋。おやじさんで埋め尽くされています。昔ながらの酒場って感じでここもまたよし。

こちらでは板わさ、ちくわ天、ところてんなどをつまみに生ビールをぐびりと一杯飲みました。

富士屋本店
住所: 東京都渋谷区桜丘町2-3 B1F
電話: 03-3461-2128


横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-23 23:58 | 楽しいお酒

バスクの伝統織物と食器

a0100596_19522248.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

フランス・バスク旅行で仕入れた食器とテーブルセンターを使って、焼き菓子クラスのテーブルコーディネートをしました。

赤×青のラインが特徴のバスクの食器。こちらのお皿は1950年代のもの。手書きのラインは色ムラがあり一枚一枚表情が異なります。それがかえっていい味わいに。

テーブルセンターは「ARAMITS」と呼ばれる細かい菱形模様に織られたバスク伝統の生地で作られたもの。アイボリー色のやさしい風合いの生地に赤×青のラインがさえています。この日はお揃いのエプロンをしました。6年前の旅で買い求め、教室でもプライベートでも愛用しているのでネンキが入りクタッとしています。テーブルセンターも、このエプロン同様使い込むうちに風合いが増していくことでしょう。

焼き菓子の素朴な風貌と焼き色がしっくりと馴染んだテーブルコーディネートになったかなと思っています。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-20 10:59 | レッスン風景

小春日和のコンフィチュール

a0100596_10472795.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

ポカポカと温かな光が部屋に差し込み気持ちのいい朝。
フェルベールさんのコンフィチュールを開けたくなりました。

Rhubarbe d'Alsace,Pommes et fruits de la passion
ルバーブ ダルザス ポンム エ フリュイ ドゥ ラ パッション
アルザスのルバーブ、りんことパッションフルーツ


りんごのシャッキっと感&ルバーブのやわらかな繊維、2つの食感が楽しい。控えめに加えられたパッションフルーツがりんごとルバーブに絡まり、個性を与えています。フェルベールさんの他のコンフィチュール同様、フルーツのコンビネーションの絶妙なバランス、溢れるフレッシュ感に感動しきり。

フランスパン小麦で作った自家製ハードパンとフランス産の発酵バターを合わせ、フランスの旅の続きのような朝食タイム。小春日和にふさわしい、気分のいい1日のスタートとなりました。
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-13 10:36 | コンフィチュール

友達の上京

a0100596_1249438.jpga0100596_12495257.jpga0100596_12513421.jpg


パリの料理学校で一緒に学んだTちゃんが上京。我が家に2泊3日でお泊りに来てくれました。

パリに住んでいた頃、お互いの家をしょっちゅう行き来しては飲んで、食べて、料理して、そして沢山語った仲。

2年ぶりの再会に積もる話も多く、とにかくよくしゃべり(私は喉が痛かったのでどちらかといえば聞き役でしたが)、何本ものワインを空け、一緒にキッチンに立ち手打ちパスタを作ったり・・・・パリ時代にワープしたかのような気分。

3日目は一緒にお出掛け。共通の友人が営む三鷹のビストロ風レストランけるかん食堂でお食事し(自家製鯖のままかりが美味しかった~)、知り合いのパティスリーMa Priereに寄り、銀座で開催されていた知り合いの個展に行き、お気に入りの日本酒バー福光屋で飲み、そしてTちゃんは東京駅から「楽しかった~♪」と満足そうに京都へ帰って行きました。

代官山の有名レストランの就職が決まり、まもなく東京暮らしを始めるTちゃん。刺激しあえる友人の上京が楽しみです。

*写真: 左から 「けるかん食堂」の鯖のままかり・銀座の日本酒バー「福光屋」・我が家での夕食 
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-11 23:59 | 楽しいできごと

フランスの空気をテーブルに

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

昨日、今日はフランスから戻って初のレッスンでした。


a0100596_11153154.jpg早速、旅したバスクやパリで仕入れた小物を使ってテーブルセッティング。ボジョレヌーボーも近いのでワインをイメージして赤紫色の濃淡で配色しました。

バスクの旅でたっぷりと仕入れてきたバスク伝統の生地を使用したテーブルクロスやテーブルセンター。今回はその中の1枚、ワイン×モーヴ×オレンジの配色が綺麗なストライプのテーブルセンターを選びました。

可憐な花模様のお皿はパリ在住の友人Kさんからのプレゼント。Merci~♪ノルマンディー旅行の道中で見つけたとのこと。50~60年代のものでしょうか。とてもとても気に入っています。

お庭で摘んだ小花を生けたガラスの器。Bayonneの蚤の市で見つけました。写真では分りにくいのですがお花のような形がかわいらしく、古いガラスならではの質感が素朴でとても気に入っています。

そして、シャープな印象のシルバーのナイフレストはフランスのキッチン&テーブル雑貨ブランドGenevieve Lethuのもの。

レッスンにご参加くださった皆さん、フランスの空気を感じ取っていただけましたでしょうか? まだまだ沢山のフランス雑貨達がテーブルへの出番を待っています。これからのレッスンで少しずつ登場させていきますのでお楽しみに♪


横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-10 23:03 | レッスン風景

フランスから帰国しました♪

a0100596_22595286.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

昨日、15日間のフランスの旅から戻りました。
今回はフランス×スペインのバスク地方を巡る旅を堪能。

Espelette(エスペレット)で開催されたFête du Piment d'Espelette(エスペレットの唐辛子祭り)ではじけ、Sant Jean Pied de Port(サン・ジャン・ピエ・ドゥ・ポー)でpalombe(森鳩)料理に舌鼓を打ち、San Sebastian(サン・セバスチャン)で夜な夜なpinchosの食べ歩きをし、そして、あちこちの町や村で多くの人との出会いがあり、美味しい秋の味を堪能し、素敵なバスク雑貨を沢山仕入れ、美しい風景にうっとりし、etc ・・・・・・ あまりにも素敵な旅だったので、現実に戻った今ではあの日々が夢だったような気がしてしまいます。

gastronomadeのアトリエを彩る様々なフランス雑貨、食材など仕入れてきましたのでレッスンにご参加される皆さんお楽しみに♪

写真: 唐辛子祭りにて。深い赤色のベレーとセーターで唐辛子ファッションで身を包んだおじいさん。バスクのビールEKIを楽しむところ。 

バスク旅日記はこちら→世界味巡りの旅

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2007-11-07 20:12 | 世界おいしい旅