カテゴリ:パンづくり( 25 )

日曜日のパン焼き♪

今朝は5時起き、パン焼き開始!

いちじくとくるみ、ドイツ風小型パン・ブロートヘェン、そしてフランス産栗粉パンの3種

家中焼きたてのパンの香りで満たされています~♪
a0100596_09010951.jpg

[PR]
by gastronomade2 | 2017-03-26 09:04 | パンづくり

久々のバゲット

今日は兵庫県宝塚からパリコルドン・アシスタント時代の友達がお泊りに来てくれます♪ で、1か月ぶりにバゲットを焼くことに。

ついうっかりオーブン設定を間違えてしまったりして焼き上がりがかなり心配だったけれど、バゲットらしい風貌に焼きあがりホッとしました。

粉はメルベイユ、全粒粉、バランスをとる程度にリスドォル。色合いも香りも強い主張のあるバゲット。

今から、手打ちバスタ・ピーチを作ります~♪

a0100596_127419.jpg


横浜フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-09-05 12:06 | パンづくり

Pain au lait パン・オ・レ

a0100596_1757569.jpg


もっぱらハード系ばかり焼いている日々ですが、久しぶりにやわらかなパンを焼きました。フランス風ミルクパン、パン・オ・レです。

水分は牛乳と卵のみ。発酵バターをたっぷりと入れました。仕上げにフランスから持ち帰ったあられ糖を振りかけて。通常のパン・オ・レよりもコロンと丸みのある形に焼き上げました。

息子は「ママ、最高においしい~♪ ママってすごい~~~」と大絶賛。おやつに2個ぺろりと平らげました。

ハード系も好きな息子ではありますが、ソフトでほんのり甘味のあるパンのほうが喜びが大きいよう。これからはソフト系ももっと作ってあげないと。

息子のためにも、この秋のパン作りはヴィエノワズリーを攻めてみます~♪  
[PR]
by gastronomade2 | 2016-08-03 18:21 | パンづくり

新しい石窯オーブンで試し焼き

先週12年連れ添ったオーブンとお別れ。次に我が家にやってきたのはまたまたTOSHIBA石窯オーブン(ER-ND500・グランレッド)。家電メーカーの中ではパン焼きが得意と言われているこのオーブン。同じく評判の良いパナソニックのビストロも考えましたが、やはり慣れているもののほうが良いと思いこちらに決定。

a0100596_97023.jpg


試運転ではじめに焼いたのはやっぱりバゲット。
クープの開き具合をテストする意味で。

加熱水蒸気機能を使ったけれど、蒸気が足りないようでクープが開き切る前にクラストが焼き固まってしまいました。

不格好な姿のバゲットに、、、

私のクープの入れ方もちょっと残念な感じだったので、オーブンだけのせいでもないけれど。

ただ、クープの立ち上がりはまずまずでしたので根気よくテストベイクしたらどうに納得のいくバゲットに近づきそうな予感♪

ごちゃごちゃしてあまり美しくない写真ですが・・・・・・
左が新しい石窯オーブン 右は12年選手のリンナイガスオーブン&昨年購入した石窯オーブン
この3台でパン焼きだけでなく、お菓子作りもお料理もガンガンしていきます~
a0100596_14495689.jpga0100596_1450720.jpg

今回一緒に購入した実家のオーブンもTOSHIBA石窯(ER-ND300)。両親はレンジ機能くらいしか使用せず、オーブン担当は私。ここではパンを焼くことは少なく、オーブン料理とお菓子作りくらいなので、3番目のモデルに。

内装リフォームでビルトインのガスオーブンを撤去しそこは収納スペースに。食器棚に新しいオーブンを配置。がぜん使いやすくなった実家のキッチン。ここでも腕を振るうぞ~  

a0100596_14502059.jpg


横浜 料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-06-04 09:18 | パンづくり

Baguette aux sésames ごまのバゲット

a0100596_1010566.jpg


昨日は久々にエコールへ。ごまのバゲットを焼いてきました。

やっぱり業務用の平窯オーブンはいいな~ おうちバゲットとは迫力が全然違う!

久々の5本クープに少々ドキドキでしたが、ちゃんとバゲットらしい風貌に焼き上がってホッとしました。

フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード

 
[PR]
by gastronomade2 | 2016-05-11 10:18 | パンづくり

かっこよくておいしいパンが焼けました~♪

a0100596_10355851.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

昨日、粉1キロで仕込んだパン生地の半分をまたまたSTAUBで焼いてみました。

ざっくりとしたやや厚めのクラスト、しっとりとしたクラムがまるでフランスで食べていたカンパーニュのよう。

生地量約1キロの大型パンでもSTAUBなら高温で焼き上げることができるので、パチパチとおいしいクラストの音を聞くことができる。

STAUBで焼くパンは申し訳ないくらい成形が簡単なのに、姿も、そして味も食感もうまく焼き上がるので、パン作り初心者さんにもおすすめ。

ただこれに慣れてしまうと折角の腕が鈍ってしまうので、残り半分の生地ではバゲットなどちゃんと成形して焼くことにします。
[PR]
by gastronomade2 | 2016-01-27 11:25 | パンづくり

アルザスのクリスマス菓子Berawecka(ベラベッカ)作り 6

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

ベラベッカは素朴な地方菓子。派手なラッピングは似合わないので、シンプルにかつクリスマスらしく。wiltonのトレーシングペーパー×メッシュ素材で包み、大好きなNutsceneの麻ひもでギュッとひばりました。

a0100596_11103732.jpg


これから遠くに住む方から梱包~発送の作業。
クリスマスまでに間に合わせないと!

がんばります~
[PR]
by gastronomade2 | 2015-12-17 11:14 | パンづくり

ベラベッカ 4種食べ比べ♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

アルザスを訪れたお友達Sさんからベラベッカをお土産に頂きました♪ ありがとうございます!

a0100596_1091978.jpg



贅沢にも、今年は4種のベラベッカが揃いました。

a0100596_109324.jpg


左上より時計まわりに
1: 2015年の自家製
2: カネタベーカリー
3: アルザス
4: 2014年の自家製(最後の1個!)

ベラベッカはお酒につけた大量のフルーツとナッツ&つなぎ程度のほんの少量のパン生地のみで作るので、保存状態がよければ1年は美味しく頂けます。我が家では真空冷蔵保存をし、1年かけてちびちびと味わっています。昨年のものはやはり熟成感があり大人な感じ。時間の経過を楽しめるお菓子って魅力的です♪
[PR]
by gastronomade2 | 2015-12-17 10:11 | パンづくり

アルザスのクリスマス菓子Berawecka(ベラベッカ)作り 5

a0100596_1861318.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

ベラベッカが焼き上がりました! 今年はオーブンが一台増えたので49個を3台のオーブンで一気に焼く事ができました。時間を大幅に短縮~ ただ、どのオーブンもそれぞれに癖があるので、あっち見たりこっち見たりオーブンの中とにらめっこしながらの作業になりました。

次の作業はラッピング。今年はどんなデザインにしようかしら~♪ 

 
[PR]
by gastronomade2 | 2015-12-05 08:59 | パンづくり

アルザスのクリスマス菓子Berawecka(ベラベッカ)作り 4

a0100596_1058079.jpg


横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

ベラベッカ作りも終盤。大小計65個(数え間違えました→49個でした!)のベラベッカを成形。これからホイロ(最終発酵)を行います。冷蔵庫3段を空っぽにして、一次発酵と同じく低温冷蔵で最終発酵をすることに。以前、パンの先生からこのようなタイプのパンはホイロを冷蔵で行うとよいとのアドバイスをもらったので、今回初挑戦。発酵がゆるやかなぶん慌てず焼成に入れるので数が多い時には作業がスムーズにいきそうです。
[PR]
by gastronomade2 | 2015-12-04 10:58 | パンづくり