カテゴリ:ソウル日記( 40 )

韓国のいちじく

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

仁寺洞にあるショッピングビル「サムジギル」でいちじくの生産者による試食販売が行われていました。
いちじく大好きな私にとってうれしいイベント♪

a0100596_0343978.jpg



品種は日本でも一般的なドーフィン種。

青果は持ち帰りができないのでその場で味わって、お持ち帰り用にジャム(いちじくオンリーと、木いちご酒ポップンチャ入りのもの2種)6瓶、羊羹10本、そしていちじくのお酢ドリンク(今流行りのホンチョのようなもの)瓶入り2本を購入。スーツケースの1/3はいちじく食品で埋まってしまいました!

a0100596_035494.jpga0100596_0351260.jpga0100596_0352112.jpg


[PR]
by gastronomade2 | 2011-11-02 00:49 | ソウル日記

帰国しました

a0100596_1113581.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

昨晩ソウルより帰国しました。

最後のランチは仁寺洞にてトルソッビビンバ(石焼ビビンバ)を。

野菜がたっぷりと摂れるこの料理が大好き♪

仁寺洞・アリランのトルソッビビンバはご飯に黒米がミックスされているので更に嬉しい。味がいいのは勿論、韓国産の良質な食材のみを使用しているので安心して食べられるのも◎


a0100596_11164663.jpga0100596_11154022.jpg今回のフライトはANA。往復とも機内食がかなりいまいち(往路:豚バラのクリーム煮 復路:ペンネ)で殆ど手を付けず。最近の韓国線の機内食に関してはJALの和食弁当の方が好き。

帰宅すると、母が海鮮鍋とおいしいマグロのお刺身を用意してくれていた。韓国料理は毎日食べても全く飽きないけれど、旅の後の日本食はホッとする。(旅立つ前に空港で食べるお寿司も好き♪)

今年の海外旅行はこれにて終了。計14回(その半分が韓国)、8カ国を旅しました。

来年はいろいろと予定があって海外旅行はペースダウンしそう。18歳から日本と海外を行ったり来たりの生活が続いているので、これから少しゆっくりと過ごすのもいいかなと思っています。
[PR]
by gastronomade2 | 2010-12-23 16:02 | ソウル日記

今日帰国します

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

一泊ですがソウルの滞在を延長し、今日帰国します。

滞在中、最初の2日のみ最高最低気温共に零下で寒い思いをしましたが、3日目以降は最高最低気温共にほとんど零度を下回ることはなく、雨も降らず(出発前の週間天気予報では雨マークがちらほら)、快適に過ごしました。晴れ女でよかった♪

最近のソウルでの食事は、、、

a0100596_10531140.jpgおとといのランチではまた新しい味の発見が♪

初めて食べたテンジャンビビンパ。麦ご飯に生のにらとレタス、テンジャンチゲ(味噌チゲ)をかけて混ぜ混ぜして食べる体にやさしい一品。

それぞれはシンプルな素材でも、混ぜる事によって深い味わいが生まれる。

日本ではビビンバといえば石焼ビビンバが有名ですが、韓国には本当に様々なビビンバがあり、結構奥深い一品だなと最近思っているところ。


a0100596_10534815.jpg夕食はハンゲタン(半身のサムゲタン)。

最近は仁寺洞のこのお店で食べる事が多いのですが、ここは庶民派なお値段ながら、本当に美味なサムゲタンを食べさせてくれる。

夏のバテによし、寒い冬に体を温めるのにもよし、サムゲタンはいつ食べても元気になれる優秀な料理です。


a0100596_10541053.jpg昨日のランチはソコギクッパ(薄切り牛肉と野菜のスープご飯)。

庶民的な料理ですが、いい素材を使っていると本当に美味。栄養のバランスがいいのも嬉しい。


a0100596_10542773.jpgおやつは仁寺洞にある餅菓子専門店ビゼンのストロベリートックケーキ(餅粉ケーキ)を。

この店はソウルのオモニの行きつけで、何を食べてもおいしい。餅粉で作ったケーキの生地はしっとりとしていてやさしい味わい。


a0100596_10545518.jpgさらに夕方に再びおやつタイム。中華屋さんのマンドゥ(水餃子)を。味はまあまあ。


a0100596_10551099.jpg夕食は今回の滞在初日に行った北朝鮮風のスンデの専門店で、スンデ他豚の内臓系色々豚のスープを。

ふと満席のお店を見渡すと、先日も、昨日も、女性客は私ただ一人。べろべろに酔っ払って楽しそうに飲んでいるソウルのおやじさん達の中にいるのもなかなか楽しいものです。



そして最終日の今日は何が食べられるかな♪

それでは、アンニョン!

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-12-22 10:18 | ソウル日記

少し暖かくなりました

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

昨日、今日と少し暖かくなりホッとしています。ちなみに今日の最高気温は9℃、最低気温は0℃でした。

さて、こちらでの食事ですが、、、

a0100596_10463824.jpgおとといのランチはトルソッビビンパ(石焼ビビンバ)。野菜たっぷりで体が喜ぶ一品。

夕食はソウルのオモニお手製のマンドゥでした。オモニが私が来たからと張り切って朝から仕込んでくれた心のこもったマンドゥは、格別のおいしさでした。

昨日の朝食は特に二日酔いではなかったけれど、へジャンクク(酔い覚ましスープ)を。具は干鱈と豆腐のみ。干鱈から旨みの出たクリアなスープが朝の胃にやさしい。これにキムチとご飯がついて2000w(150円)と懐にもやさしい一品でした。


a0100596_10473869.jpgランチは仁寺洞の手作り豆腐の店でスンドゥブ(おぼろ豆腐鍋)を。

これが、今までソウルで食べた様々な豆腐料理の中でもダントツ一番のおいしさ!

おぼろ豆腐、牡蠣、ハマグリ、ねぎ、きのこと具はいたってシンプルですが、豆腐を含めたすべての食材が吟味されたものなので、素材の良さがダイレクトに味わえる鍋に仕上がっている。

これこそ、ソウルに来た時には必ず食べたいと思う一品。


a0100596_10482966.jpg夕食は麻場(マジャン)洞にある有名な焼肉通りにて焼肉を。

味は良かったけれど、お店の人が忙しさのあまりに頼んだ事を忘れがちで、ちょっと不満が残る夕食でした。


a0100596_10485346.jpgランチはカルビタン

じっくり煮込まれたぶつ切りのカルビは筋まで柔らく、ホロッとした肉片は味が良く、牛骨の出汁は繊細でしみじみと美味しい。

これもまた素材のよさが存分に活かされた一品でした。


a0100596_1049882.jpg夕食は、ソウルのオモニお手製ステーキホットサンド

ステーキ、チーズ、ハム、目玉焼き、キャベツ、具沢山でボリュームたっぷり!

食材に妥協をしないオモニのサンドイッチは文句なしにおいしい! 


ざっとこんな感じで、いつものように食べてばかりのソウル滞在です。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-12-19 20:50 | ソウル日記

銀世界の2日目

a0100596_10431091.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

昨日午後にソウルに到着しました。

最高気温-8℃、最低気温-13℃。寒いには寒いけれど、空は青くぴんと張り詰めた空気がなかなか気持ちよかったです♪ 

写真: 仁寺洞・サムジギルのクリスマスデコレーション☆


a0100596_10433722.jpg到着後、早目の夕食に連れて行ってもらい、PJホテル脇にあるスンデ専門店にて北朝鮮風のスンデ(豚の血やお米などが入った腸詰)など豚肉の内臓系料理をご馳走になりました。

さほどクセはなく食べやすく、味がよく、今まで食べたスンデで一番好み。

私のソウルのアボジはここのスンデしか食べないそう。グルメなアボジ推薦のお店はどこもかしこも本当においしくて、そんなお店の数々にお供できて本当に幸せ♪


お腹一杯になった後は、広蔵市場のお世話になっているチョッカル屋さんに顔を出しおしゃべりし、仁寺洞まで運動がてらお散歩。ソウルの大好きな人々との再会に気持ちがホッと暖かくなった初日でした。 
 
そして今朝。カーテンを開けてみると外は銀世界! 気温は昨日よりもだいぶ上がる予報で、最高気温4℃、最低気温は-5℃。只、午後は雨が降るそうで、、、予報がはずれることを期待。

今日は何をしようかな? 何が食べられるかな? 5泊6日と最近のソウル滞在にしては日数が短い分、密度の濃い日々を送りたいと思います。

それでは、アンニョン♪ 

*羽田空港の新国際ターミナルは素敵なお店が揃い、海外への出発前から買い物魂が燃えてしまいそうでした。出国ゲートを通った後は、モダンで落ちつくラウンジでゆっくり出発前のお茶タイム。これからは羽田で海外へ行くことが益々楽しくなりそう。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-12-17 09:34 | ソウル日記

極寒のソウルへ

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

明日より5泊6日でソウルへ参ります。今年7回、計13回目の韓国! 

今日のソウルは最高気温-8℃、最低気温-12℃だったそう、、、
明日は少しは上がって最高気温-3℃、最低気温-9℃の予報。

どんな滞在になることやら少々心配ではありますが、辛い韓国料理をたっぷり食べて寒さに打ち勝ちます!
[PR]
by gastronomade2 | 2010-12-15 11:51 | ソウル日記

ソウル日記

10月13日~19日のソウル日記の写真をUPしました。

写真を見返すと、本当によく食べたなと改めて実感。
ソウルの次にはハワイ、そして帰国後もその食欲は変わらず、、、
困ったものです。

昨日はパリに住む友達夫婦が我が家に遊びに来てくれました。
スンドゥブ、韓国風卵焼き、我が家流鮭ハラコ飯でおもてなし。
食べて、飲んで、おしゃべりして、楽しいひと時を過ごしました。
[PR]
by gastronomade2 | 2010-10-29 14:06 | ソウル日記

Seoul日記 33

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

ソウルより帰国しました。

この夏と同じく滞在中のほとんどを仁寺洞で過ごしていましたが、温かい人々に囲まれ本当に幸せな日々でした。

最後のランチはミョンテネジャンタン(鱈の内臓鍋)を。

a0100596_12355056.jpg


たっぷりのしらこやたらこ、肝がたっぷり入った贅沢なピリ辛鍋。他の具は鱈の頭、セリ、ネギ、もやし。具はワサビ醤油につけて食べる。韓国の海鮮系の鍋のほとんどがワサビ醤油で食べるのですが、これがなかなかイケる。お腹がいっぱいになる前に煮汁にごはんを混ぜ、凝縮した鱈の旨味を最後に味わう。大好きな料理で締めくくり、お腹も心も満たされました。

明日からは初ハワイ。ハワイ島&オアフ島で一週間過ごしてきます♪

それでは、アンニョン!
[PR]
by gastronomade2 | 2010-10-19 22:29 | ソウル日記

Seoul日記 32

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

一週間のソウル滞在の最終日。ああ悲しい、、、
今朝の空はどんより。まるでソウルを離れる私の気持ちみたいです。

さて、昨日のランチは南大門市場でタッコムタン(鶏のスープ)を。

a0100596_12415621.jpg


骨付きの鶏をじっくり煮込んだ辛味のないあっさりスープ。鶏はピリ辛のタレに付けて食べ、ある程度鶏を食べ終わった頃にご飯を加える。鶏の旨みたっぷりのスープを吸ったご飯がこれまたおいしい。

南大門に行ったついでにワンゴル細工の籠を買ったり、明洞に足を伸ばしオニツカタイガー(日本ブランドだけれど断然ソウルのほうが安い!)で限定スニーカーを手に入れたり、帰国前のお買い物を。

おやつは南大門市場でおじちゃんが買ったポンテギ(カイコの蛹)をおばちゃんが調理してくれたのですが、、、私は一口でギブアップでした。

そして、夕食はチョッパル(豚の足)

a0100596_12421677.jpg


豚の足を甘辛くじっくり煮込んだ、コラーゲンたっぷりのお肌にいい女性に嬉し一品。しかしお店のお客さんは私を除いて全員男性でしたが、、、スライスされた肉にタレをつけ、にんにくや唐辛子、付け合せの野菜などと一緒にサンチュに巻いて食べる。韓国のほかの肉料理同様、野菜がたっぷりいただけるので胃にもたれにくいのがいい。長時間煮込むことにより脂は抜けているのでしつこくなく、食感はモチモチ&プリプリ。今回の滞在最後の夕食もおいしく頂きました!

今日は16:40の便なので、ランチを食べてから帰ります。何が食べられるのか今から楽しみ♪

それでは、アンニョン!
[PR]
by gastronomade2 | 2010-10-19 09:50 | ソウル日記

Seoul日記 31

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

今朝も快晴♪
この夏のソウルがあまりにも雨続きだったので、朝カーテンを開け青い空を見るとホッとします。

昨日もお天気の日曜日だったので、仁寺洞はまたまた大賑わいでした。

今までの私のソウル日記でたびたびというかほぼ毎日のように出てくる仁寺洞という場所。ソウルのリピーターなら誰でも知っているかと思いますが、ソウルを知らない方の為に今更ながら説明を。

仁寺洞(インサドン)はソウルの中心地、鍾路区にあります。仁寺洞ギルというメイン通りには伝統工芸品店、陶器屋、韓服スタイルのブティック、アクセサリー屋、土産物屋、アートギャラリーなどが並び、国内外からの観光客はもちろんソウルっ子達で絶えず賑わっています。仁寺洞ギルから左右に沢山の細い路地が延び、そこには韓屋と呼ばれる古い家々が残り食堂やレストラン、居酒屋、伝統茶屋などが密集。特に夜は会社帰りのサラリーマン達で賑やかになります。

私はソウルの中で鍾路区にある仁寺洞、三清洞、北村という古い町並みが残る3地域が好きで、落ち着ける場所でもあるのでソウルでのほとんどの時間をここで過ごします。ショッピングも、お食事も、お茶も、ギャラリー巡りも、お散歩も。

ソウルにいらした際には是非立ち寄ってみてください。

仁寺洞の説明はこの辺にして、昨日のお食事を。

ランチは東大門にてタッカンマリを。

a0100596_12471977.jpg


タッカンマリとは韓国語で鶏一羽という意味でまさしく鶏一羽を使った鍋料理。具は鶏一羽、厚めにスライスしたジャガイモ、トック(餅)、ねぎといたってシンプル。鍋を火にかけ、鶏をはさみで解体し、好みでにんにく(韓国式にはかなりたっぷりと)、ぺチュキムチ(私達は前半はクリアなスープを楽しみ、後半でキムチ味にする)を加える。唐辛子ペースト、醤油、からし、酢、にんにくをミックスしてタレを作り、これに具をつけて食べる。

a0100596_12474059.jpg


鶏がおいしいのは当然ですが、やわらかく煮えたトックが箸が止まらぬおいしさでおかわり(有料)。鶏を食べ終わったら、ククス(うどん)を注文し、これを残った出汁に加え煮込み、塩コショウ、唐辛子ペースト、キムチなどで味を付けし、キムチカルグクスを楽しむ。

a0100596_1248583.jpg


鶏の旨みを吸ったうどんのおいしいこと。大満足なランチタイムでした。

夕刻は、お世話になっているお兄さんに、彼の親友の舞踊家・チョイ・ヨンシルさんの舞台に連れて行ってもらいました。韓国伝統舞踊を一度観たいと思っていたのでとても嬉しいお誘い。それもVIP席だったので、とても観やすくてゆったりと舞台を観覧。舞台は10部構成になっており、衣装も踊りのスタイルもそれぞれ変わり、約2時間飽きることなく楽しめました。舞台後の打ち上げにも参加させて頂き、おいしいポッサム(茹で豚バラ肉、鴨肉、生牡蠣などをキムチなどと一緒に葉野菜に包む料理)をご馳走になり、楽しくおいしい夜を過ごしました。

a0100596_12494671.jpg


早いもので明日帰国。ソウルを離れるのが辛いです、、、

それでは、アンニョン!
[PR]
by gastronomade2 | 2010-10-18 08:36 | ソウル日記