<< ヌビアンのカラフルな鍋敷き 夢にまで見たコシャリ >>

エジプトのお酒事情

a0100596_1617725.jpg横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

エジプトはイスラム教の国。宗教上では飲酒は禁止されています。

といっても、エジプトはビールの発祥の国と言われ、古代エジプトの遺跡にはワインに関するモチーフが描かれています。

現在のエジプトでもビール、ワイン共に生産されていますし、外国人が利用するホテルやレストランでは普通に飲むことができます。

330~500mlの缶や瓶1本が$5~7とお値段は高め。でも、イスラム教の国でお酒が飲めるだけでもありがたいと思わなきゃ。

旅の間一番飲んだのはSTELLA。エジプトの乾燥した気候に合ったさっぱりクリアな味わい。


a0100596_16173318.jpgこちらはSAKARA。エジプト最古の階段ピラミッド‘サッカラ’が描かれています。日本のラガービールに似た味わい。

ステラ、サッカラ共にハイネケンの技術の元で醸造されているので、問題なくおいしかったです!


a0100596_16344965.jpgノンアルコール・ビール風飲料BIRELL。こちらはエジプト人にも人気だそう。

すっきりと辛口で、日本のノンアルコールビールより私は好み。

アスワン~ギザの寝台列車「ナイルエキスプレス」の食堂車にて$2でした。


a0100596_16192821.jpg空港の待ち時間に飲んだ白ワイン。一杯$6。特別おいしいと言えるほどのものではなかったけど、すっきり辛口で飲みやすかった。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-02-14 00:47
<< ヌビアンのカラフルな鍋敷き 夢にまで見たコシャリ >>