<< 夏のスペイン料理のテーブル 銀座の日本酒バー >>

青山~恵比寿にて

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

今日は、気も、趣味も合うお友達E子さんと青山~恵比寿散策。

a0100596_13505335.jpgまずは、青山DEE'S HALLで開催されたフリマへ。雑誌などでお馴染みのセンスの良さで知られる方々の出店なので、さすがにおしゃれな品揃え。私は、ワインのデキャンタ、シャンパーニュを入れるパニエ(籠)、昭和レトロな紫色のグラスとブルーのガラスポット、ドイツ製おもちゃのカトラリーセット、などなどとっても素敵な品々を獲得することができました。E子さんは、紫色の籠バック、ギンガムチェックのテーブルクロス、すだれ、ほか沢山のおしゃれな雑貨を見つけていました。

大満足なお買い物にホクホク顔の私達。表参道ヒルズのお気に入りスポット「はせがわ酒店」のカウンターバーでスパークリング日本酒「微紅」「出羽桜 夏祭り・とび六」で乾杯♪


大人な雑貨屋さん「zakka」&北欧雑貨の店「cinq」に寄り、そろそろお腹もすいてきたので恵比寿に移動しフランス料理のレストラン「salut」にてランチ。

ランチは前菜・メイン・デザート・コーヒーで2625円(+サービス料10%)。 

料理の正式名をメモしてくるのを忘れてしまいましたが、、、

前菜: 鴨の胸肉を添えたとうもろこしのスープ・・・私
     いわしの香草焼き。ラタトゥイユと温泉卵をしのばせて(写真左)・・・E子さん
メイン: 牛のほほ肉の黒ビール煮込み・きのこのソテー添え(写真中央)
デザート: 桃のジュレ、アーモンドのグラス(アイスクリーム)を添えて(写真右)

a0100596_13563671.jpga0100596_1356545.jpga0100596_13571030.jpg


見た目にも美しい前菜2種。私のスープはクラッシュしたとうもろこしのつぶつぶ感が素朴。クリーミータイプのコーンスープではなく私好み。スープにはムースと鴨のスライスが浮かぶ。
E子さんのいわしの香草焼き。フィロペーストで作ったパリパリのカップの中にラタトゥイユ、山芋の角切り、温泉卵、いわし、サラダ、そして香しいフレッシュハーブがのる。全てを崩して混ぜながら食する。

メインは2人ともほほ肉を。しっかりとした伝統的なフランスの味わいがとってもいいのだけど、肉&きのこの塩がきつすぎた。普段ワインを飲みながら食事をするので、塩味がしっかりとした料理を好む私達でもしょっぱい、、、塩分以外はいいのにね。残念。(食後にその旨伝えておきました。これからも通いたい店なので、正直に言っておこうとおもって)

デザートは爽やかな桃のジュレに軽くコンポートにした桃がたっぷり入り、食感のアクセントにタピオカが忍ばせてある。程よいアーモンドの香りとさっぱりとした味わいのアイスクリームも◎。

前回同様、スタッフの皆さんとても親しみやすく心地よいランチタイムとなりました。

ワインは前菜にはロゼ、メインには赤、デザートには白を合わせました。(デキャンタで各1780円)

ロゼ: VDQS Fiefs Vendéens Domaine Saint Nicolas Vin de Brem Thierry Michon ・・・・・ パリに住んでいた頃造り手さんにも何度かお会いし、よく飲んでいたワインだけにすごく嬉しかった! 日本ではなかなかお見かけすることのできないワインですが、、、
赤: Cote du Rhone 2001 Valvigneyre Alain Paret ・・・・・ スモーキーな香り、味はするりと飲みやすい。
白: Alsace Edelzwicker Domaine Rene Fleith-Eschard ・・・・・ ピノ・グリを主体に、ゲヴェルツ他様々な葡萄が混乗されている。ピノ・グリ主体だからか、豊かな風味、辛口ながらもほんのり甘さがのり、デセールのお供に美味しくいただけた。

お店について詳しくは以前の日記に→こちら
____________________

食後、ガーデンプレイスのワイン屋さんを物色。で、夕刻「恵比寿麦酒記念館」へ。観光客は勿論、会社帰りの人達で賑わうテイスティング・ラウンジにてビールの飲み比べ。

ビール飲み比べセット 400円 ・・・メジャーヴァイス 上面発酵の白ビール
                      エビスビール おなじみですね
                      メジャーエール マイルドタイプのエール
                      エビス・ザ・ブラック エビスの黒ビール
ギネス ハーフパイント 250円 

美味しい生ビールが格安で飲めるので、恵比寿に来たときにはついつい寄ってしまう私のお気に入りスポット。

a0100596_13592726.jpga0100596_13594415.jpga0100596_140110.jpg


ほろ酔い気分で恵比寿駅周辺を散策。大賑わいの小籠包屋さん「京鼎樓」を発見。入ってみる。

小籠包、韮とエビの小籠包、台湾風豆腐をオーダー。
まずは熱々の定番の小籠包。醤油をつけ、千切りしょうがを添えレンゲにのせそっと端を噛む。ジュワ~と出てくる肉汁を飲み、そしてがぶりと口に入れる。肉の味にくせがなくやさしい味。
韮とエビの小籠包はエビがプリプリして美味しいには美味しいけど、韮の味が強いので韮饅頭を食べている感覚。小籠包としてはやや不満足。
中華風豆腐(正式な名前は定かでない)は絹ごし豆腐に刻んだ叉焼と白髪ネギを合えたものがのり、ラー油入りたれがかっている。たれがぼやけた味。叉焼と白髪ネギのトッピングはわるくない。

お酒は紹興酒の飲み比べセットを。5年・10年・15年の3種で、熟成年数が長いほうが柔らかい香りで飲みやすかった。

a0100596_1423629.jpga0100596_1425450.jpg



a0100596_1433965.jpg最後にもう一杯だけ飲みたいねってってことで、恵比寿駅前の立ち呑み処「カドヤ」へ。活気ある広い店内にはぎっしりのお客さん! プレミアムモルツの生で〆。

フリマに出掛けたつもりが、青山~恵比寿食べ歩き呑み歩きの1日になってしまいました。
でも、楽しかった♪

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2007-08-31 23:50 | 日々おいしい
<< 夏のスペイン料理のテーブル 銀座の日本酒バー >>