<< トリコロールのテーブルセッティング バリ島&ジャワ島から帰国しました♪ >>

三鷹の2軒 「けるかん食堂」&「Ma Priere」

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

昨日、パリ時代の友人がオーナーシェフのレストラン「けるかん食堂」(三鷹)の2周年記念パーティーに出掛けてきました。

a0100596_1441697.jpgお店作りからオープン1ケ月はお手伝いをしていたので、私にとって自分のお店のように愛着たっぷり。でも、最近はなかなか訪れることができず、ご無沙汰していました。
今回のパーティーでは「けるかん食堂」に通う素敵で楽しいお客様達にお会いでき、今の「けるかん食堂」を感じることができ、とても嬉しいひとときを過ごしました。

*写真はパーティーのメニューです。



そして、偶然にも「けるかん食堂」から目と鼻の先(徒歩30秒の距離!)に、パリ時代の友人夫婦が素敵なパティスリー「マ・プリエール」を昨年オープン。今回初めて訪れました。


a0100596_145208.jpg広くて明るい店内で、パリ時代と変わらない朗らかな笑顔で迎えてくれた猿舘さん夫妻。3年以上振りの再会です。

ショコラ、焼き菓子、そして生菓子、それぞれとても種類が多く、軽いものからしっかりとした味わいのものまで、自分の好み、その日の気分にピッタリのお菓子が見つけられます。


*数年前、彼らのフランス菓子修行生活がTV朝日「ポカポカ地球家族」にて紹介されました。


けるかん食堂のパーティーまで少し時間があったので、イートインコーナーでケーキとコーヒーでホッとひといきすることに。


a0100596_14133117.jpgお店の名が付いた「マ・プリエール」をチョイス。ショコラ・ブランといちごのムースの中にいちごとレモンの2層のジュレが忍ばせてあり、底にはしっと~りとした薄いジェノワーズが敷いてある一品。
ショコラ・ブランの風味と味わいはしっかりしているのに甘さが程よいので、いちごの風味がしっかり口に広がる。いちごとレモンのジュレが濃厚なムースとのバランスを取り、味わいに奥行きを持たせている。レモンのジュレにはより良いバランスを取る為に、ほんの少しパッションフルーツを加えているとのこと。全くパッションフルーツは主張しておらず影の引き立て役に徹している。
ベネズエラ産のショコラ・ブラン、フランス産センガ・センガ種のいちごと、こだわりにこだわった素材選び。お店の名を冠した一品として納得。最高に美味なケーキでした。


けるかん食堂のお祝い、そして自分用に、蒸し焼きショコラ「マ・プリショコラ」をお持ち帰り。濃厚でしっと~~~りとした直径3cmくらいの小粒なショコラケーキ。ボンボン・ショコラと焼き菓子のいいとこ取りの一品といったところでしょうか。

全部で5種。それぞれ産地の違うショコラを使っています。

南アフリカ・サントメ島産 カカオ70%
ベネズエラ産 カカオ70%
エクアドル産 カカオ70%
パプアニューギニア産 カカオ70%
ドミニカ産 カカオ70%

全てカカオの含有量が70%と同じなので、ほろ苦く大人っぽい味わいのもの、丸みのある甘さのものなど、産地の味わいの違いと特徴が判りやすい。美味しいだけでなく、味比べを楽しみながら味わうことができるショコラ・ケーキ。とっても気に入りました♪

あ、、、うっかり! 「マ・プリショコラ」は写真を撮る前に全部食べてしまいました。ごめんなさ~い。 
横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2007-07-04 10:53 | 日々おいしい
<< トリコロールのテーブルセッティング バリ島&ジャワ島から帰国しました♪ >>