<< フードイラストレッスン フランス地方料理のワークショッ... >>

バスク料理ワークショップ無事に終わりました!


先週末はアトリエキッチン鎌倉にてワークショップの講師をさせて頂きました!

旅する気分で味わうフランス地方料理Vol.1 

〜フランス・バスク料理~


テレビや書籍などで目にするバスク料理や情報といえばスペイン側がほとんど


もちろん私も大好きで、数え切れないほど足を運んでいますが、

今回はあえて情報の少ないフランス側のお料理と魅力をお伝えしました


*****


フランスバスクのグッズや本をテーブルにプレゼン

a0100596_20324217.jpg

*本日の材料*

超ビックサイズのパプリカ13個
大きいピーマン
チピロン(小さいヤリイカ)
生ハムで包んだ鶏肉
a0100596_20334225.jpg

ご試食用に朝焼いた自家製パンをお持ちしました
a0100596_20344191.jpg

鶏肉を生ハムで包み中
a0100596_20353287.jpg

大量のパプリカとピーマンを切っていただいています!
a0100596_20355245.jpg

約1キロのチピロンを仕込み中
a0100596_20363855.jpg

ご参加いただいたTさんより素敵な差し入れ
スペインバスクのワイン「チャコリ」で乾杯!
a0100596_20372761.jpg

Entre 前菜: Piperadeピペラード
トマトやピーマンなどの野菜とエスプレットの唐辛子が入ったoeufs brouillés(スクランブルエッグ)
さっと焼いた生ハムを添えています
a0100596_20391205.jpg

Plat1 Chipirons a la Lucienne
良港として有名なサンジャン・ド・リュズの町の小いか(チピロン)の煮込み
a0100596_08213139.jpeg

Plat 2: Poulet Basquese プレバスケーズ
フランスバスク料理で最も知られであろう一皿
鶏肉をバスク国旗のイクリニャの色でもある赤&緑2色のパプリカ、生ハム、トマトと煮込みます

残ったソースはアトリエキッチン鎌倉オーナー和田さんの提案で
アトリエ農園のローズマリーで香りづけして〆のパスタに
(写真を撮るのを忘れてしまいました!)
a0100596_20393700.jpg

Dessert :Gateau Basque à la cerise チェリーのガトーバスク 
その名もズバリ「バスクのお菓子」というこの地方を代表する焼き菓子
バター生地に自家製のチェリーのコンフィチュールを挟んで焼き上げました
a0100596_20401000.jpg
ご参加いただきました皆様
ありがとうございました!

次回は

旅する気分で味わうフランス地方料理Vol.2 

〜フランス・ブルターニュ料理~



蕎麦粉クレープガレットやブルターニュ風ブイヤベース・コトリヤードなど

北フランスならではの美味しさをお伝えいたします♪


今回ご参加いただいた方も、いただけなかった方も

フランスの地方料理の魅力にご興味おありの方

是非お待ちしております!


詳細はこちら





[PR]
by gastronomade2 | 2017-10-10 20:22 | レッスン風景
<< フードイラストレッスン フランス地方料理のワークショッ... >>