<< paris日記 4日目 Paris日記 3日目 >>

Parisで見つけた素敵なテーブル小物たち

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

友人より「パリのブロカントで仕入れたものをブログにアップしてね」とのリクエスト。自分自身の記録にもなりますし、簡単な解説と共にupします。

19世紀後期~20世紀中期のものを中心に、デットストックや状態の良い素敵なアンティーク & ブロカントと出会いました♪ 私にしては珍しくリモージュもいくつか。年齢と共に好みの幅が広がってきたようです。

Bernardaud,Limoge 淡いブルーとパープルの縁取りの可憐な小花が素敵 1950年代 デッドストック 6枚 他にケーキ皿やスープ皿などもありましたが荷物の都合でメイン用のみ購入 現代のベルナルドの印象と全くことなるデザイン

a0100596_1638312.jpg


Rouard ala paix 34 Av.de Opera Paris この時代に流行ったマリーアントワネットスタイルとのこと 19世紀後期 当時オペラ通りにあった陶器工房製 2枚 一世紀以上経ったとは思えないほど素晴らしい状態 できれば教室用に6枚欲しかった!

a0100596_16381025.jpg


A Bardet Bd. St Germain Paris ケーキ皿 こちらも上記と同じ年代 当時パリ・サンジェルマン大通りにあった陶器工房製

a0100596_16381744.jpg


カップ&ソーサー こちらも上記2枚と同じ年代 すべて絵柄が違います 刻印無し

a0100596_16382541.jpg


刻印が擦れていてどこの窯元のものか不明。クラシカルな絵柄とワインレッドの色合いが気に入りました

a0100596_16383270.jpg


Luxeuil ポピー柄(お店のお姉さん曰く)のお皿 5枚

a0100596_16384125.jpg


St Amand のPrima Reinaというシリーズ。深さのあるお皿とディナー皿それぞれ6枚 30~50年代のシリーズだそう。デッドストック!

a0100596_16384829.jpg
a0100596_1638551.jpg


リモージュのかわいいミニミニプレート。息子のおやつ用に

a0100596_1639582.jpg


NBD Limoges 小花がかわいらしいケーキ皿4枚+α 光にかざすと透けるほど薄い繊細な作り。一枚一枚、微妙に絵付けが違う

a0100596_16391236.jpg


Longchamd アスパラガス用プレート 中央に茹でたアスパラガス、両淵のくぼみにソースを入れる

a0100596_16393114.jpg


St Amandnord Cotentin オレンジ模様がかわいいオーバール大皿 我が家の盛り付け皿定番のオーバール大皿の仲間入り♪

a0100596_16393862.jpg


Foecy Louroux クラシカルな小花模様のレクタングル皿 取っ手のデザインはアール・デコっぽいけれど絵柄はクラシカル 

a0100596_16394684.jpg


St Amandinoise Pammadour 落ち着いたネイビー色、クラシカルな花模様の台座付きケーキ皿 

a0100596_16395547.jpg


Keramis Melba 個性的な色合いのベルギー製台座付きケーキ皿

a0100596_1640646.jpg


ペパーミントグリーンのライオンソース入れ

a0100596_16401425.jpg


少しずつ集めているガラス製ワインボトル置き 

a0100596_1640223.jpg


ガラス小物 ソルト&ペッパー入れ(外枠はシルバー中はガラス製)、ショットグラス、小皿

a0100596_16403348.jpg


ガラスの足つきボンボン皿

a0100596_16404177.jpg


ピンクガラスのバブルベース(球根水耕栽培用花瓶) 球根が好きでバブルベースも集めていますがブロカントで出会ったのは初めて。嬉しい♪

a0100596_1640507.jpg


友人からのプレゼントの深さのある大皿 Luneville Lois XV Neige White 凛としたスノーホワイトが素敵 merci mill fois!!!

a0100596_16405962.jpg


同じく友人からのプレゼントの大皿 上記と同じシリーズ merci mill fois!!!

a0100596_1641747.jpg


こちらも友人からのプレゼント 大深皿 Sallms-les-Baines なぜかJAPONと名が付くフランス製 merci mill fois!!!

a0100596_16411444.jpg


ナイフは違う柄を1本ずつ

a0100596_16412249.jpg


ころんとした丸みがかわいいアイスクリーム用スプーン

a0100596_16413161.jpg


この形が大好き♪ 刃が長くて使いやすいフォーク。裏側には一本一本違う柄が入っています

a0100596_16414348.jpg


先が平らになった大き目のスープスプーン。サービングスプーンとして使用予定

a0100596_16415970.jpg


友人からのプレゼント。沢山のカトラリー!!! merci mill fois!!!

a0100596_1642868.jpg


ケーキ用ナイフ&フォークセット デッドストック

a0100596_16435658.jpg


デザートスプーン 

a0100596_16441695.jpg


角砂糖用トング 年代は不明ですがアールヌーヴォーっぽいデザイン

a0100596_16421824.jpg


セルヴィエット(テーブルナプキン)色々 水色の刺しゅう入りのものはお店の方いわく19世紀のデットストックとのこと。あまりにも綺麗すぎて本当かな~?という感じですが、とても気に入っています。

a0100596_16422784.jpg


ドイリー色々

a0100596_16423746.jpg


単品リネン色々

a0100596_16424677.jpg


テーブルクロス用に購入したフレンチリネン

a0100596_16425777.jpg


Marche Raspail BIOに出店していた木工作家さんのマホガニー製一枚板(白い淵は張り合わせではく木の内柄の色だそう)カッティングボード オーバールのカーブが美しい!サイト→desmondcorcoran.com 次回パリを訪れる際には、同じくマホガニーでテーブルセンター用の板を特注で作って頂こうと思っています!
 
a0100596_16431427.jpg


写真で敷いているバーガンディー色のテーブルクロスも今回パリで購入しました。気の遠くなる繊細な手作業によって作られたとのことです。

盛り付けた料理やお菓子を想像したり、テーブルコーディネートを思い描きながら、吟味して選んだお気に入りたち。無事にすべて無傷で持ち帰ったものの、果たして我が家にこれらを収納するスペースは残されているのかしら? 今からお片付けです。 

*最後に、記した年代や情報はお店の方に伺ったものですが、多少違うことがあるかもしれません。(売り手の皆さんの知識は様々ですので、、、)

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2016-04-17 08:51 | 世界おいしい旅
<< paris日記 4日目 Paris日記 3日目 >>