<< 2013年5月のレッスンメニュー いやいや期に突入! >>

Pastéis de Belém

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

元ポルトガル領だったマカオで人気に火が付き、今やアジアを中心に世界各国で愛されているPastéis de nata(エッグタルト)。

パイ生地とカスタードクリームの組み合わせというシンプルなお菓子がゆえ、丁寧に作られたものとそうでないものの、素材の良し悪しではっきりと味の差がでる。

そんな中でも元祖ジェロニモス修道院のレシピを受け継ぐと言われるリスボンの製菓店Pastéis de BelémのPastéis de nata(パシュテイシュ・デ・ナタ) の味は世界一と聞いた。

はたしてそのお味とは?

a0100596_7274390.jpgお店はジェロニモス修道院の目と鼻の先


a0100596_7252076.jpgブルーの日さしとアズレージョが美しい店先


a0100596_8283814.jpg創業1873年


a0100596_7254442.jpg奥の奥までへやのがある広い店内では地元の人達と観光客がゆったりお茶を楽しんでいました


店内はブルーの美しいアズレージョで溢れている

a0100596_8261816.jpga0100596_8263665.jpg


a0100596_7261539.jpgガラスで仕切られた厨房では大量のPastéis de nataが焼かれていました


a0100596_7264354.jpgこれが、そのPastéis de nata

ごくごく薄いパイ生地は焼成によって砂糖がキャラメリゼされザクッとバリッとしっかりと歯ごたえのある極上の食感、その中に濃厚で滑らかなクリームが詰まっています。しっかりと味わえるのに、どこか軽やかさがあり、2個3個とペロリといただけそう。シナモンパウダーが添えられていて好みでふりかけて食べるそうですが、私はシナモンはかけずにそのままの味を楽しみました。

期待を裏切らない納得のおいしさに感激! 今まで食べたものの中でダントツ一位の味でした。

本場ポルトガルのレシピも手に入れたし、あの感動的なおいしさ目指してPastéis de nata作りに挑戦しようと思っています!!! 


追伸: このお菓子は買ったその場で食べておきたい。私は出来たてとホテルに持ち帰ったものと食べましたが、時間が経つとパイ生地は湿気をおびあの極上なパリパリ感がなくなり、クリームのフレッシュさも半減。あの感動的なおいしさからは程遠いものになっていました。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2013-04-02 07:58 | 世界おいしい旅
<< 2013年5月のレッスンメニュー いやいや期に突入! >>