<< 10月のレッスンスケジュール 2012年9月のレッスンスケジュール >>

スペイン土産

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマードです。

夏のスペインの旅で仕入れたお菓子や食材、お皿やお鍋などをご紹介!

a0100596_10291331.jpg

今月の料理教室でも色々と味わっていただきます! お楽しみに~♪

a0100596_14542199.jpgYemas de Avila イェマス・デ・アビラ

城壁の街アビラの銘菓。
卵の黄身とシロップで作ったねっちりとした濃厚で甘~いお菓子。
どこか和菓子を思わせる味わい。
私もスペインに住んでいた頃から好きなお菓子の一つです。


a0100596_14542720.jpgSantiago de compostela Monasterio Benedictinas San Pelayoのアーモンドのお菓子

巡礼路の最終地サンティアゴ・デ・コンポステーラの修道院で購入したマカロンタイプのお菓子。
厚みのあるオブラートの上にマカロン生地がリング状に絞られ焼かれています。香ばしくざっくりとした食べ応えのある食感が特徴。
 

a0100596_14545957.jpgTarta de Santiago タルタ・デ・サンティアゴ

こちらも修道院で購入しました。サンティアゴ・デ・コンポステーラの街中あちこちで売られている程有名なこのタルト。修道院のものは他のものより厚みが若干薄く、焼きがしっかりしています。

a0100596_14544634.jpgMantecadas de Astorga マンテカーダス・デ・アストルガ

カタルーニャ以外ではなかなかお見かけしないガウディ建築ですが、カスティーヤ・イ・ラマンチャ地方アストルガの街には彼が建築したEPISCOPAL PALACEがあります。ここの素晴らしいステンドグラスに、小さな我が息子もあまりの美しさに「わぁ~」と声をあげて感動していました。

この町の銘菓マンテカーダス。
地方菓子らしい、素朴な味わいのビスコッチョ。

a0100596_14552464.jpgTurron トゥロン3種

トゥロンはスペインのヌガータイプのお菓子。
様々な味のものが売られていますが、特に有名なのは砕かれたアーモンドで作ったヒホナとアーモンドの粒がごろごろと入ったアリカンテ。アリカンテ、ヒホナ(ヒホン)どちらもスペインの街の名です。
スペイン中のスーパーで売られていて、クリスマス菓子としてもポピュラーです。
今回は、アリカンテ、ヒホナ、そして卵黄が入ったタイプの3種を購入しました。

a0100596_11382860.jpga0100596_14552842.jpgMantecados マンテカードス

ホロっとした食感が特徴のショートブレッドタイプのビスケット。セゴビアの有名菓子店ANTONIO GARCIAで購入しました。
250g購入したものの、あまりにも崩れやすく日本に帰国した時には1つ(写真右)しか形をとどめていませんでした、、、
こちらもクリスマス菓子として定番です。


a0100596_1456476.jpgDos Cafeterias ドス・カフェテリアス

牛追い祭りで有名なパンプローナのとっても美味しいミルクコーヒーキャラメル。

a0100596_14561857.jpgCaramelos con pinones El Caserio de Tafalla キャラメロス・コン・ピニョネス エル・カセリオ・デ・タファジャ

ナバラ州にあるこだわりのキャラメルメーカーがel Caserio de Tafalla作る松の実のキャラメル。
松の実が大好きなので今まで色々な松の実を使ったお菓子を食べていますがキャラメルは初めて。
袋を開ける日が楽しみ♪

a0100596_14564597.jpgDulce de Membrillo ドゥルセ・デ・メンブリージョ

アビラ&アストルガで購入したマルメロのパート・ド・フリュイ。
スペインではチーズと一緒に食べるのが定番。

a0100596_1154163.jpgQueso 3種

バスクのイディアサバル&イマレス(羊のチーズ)とガリシアのおっぱいの形で有名なサン・シモン。

a0100596_14584539.jpgMarmeradas マルメラーダス

ジャム色々。いちじく3種、マルメロ、レンヌ・クロード(小粒の緑色のプラム)、トマト、そしていちじくの甘露煮。

a0100596_14592655.jpgPimiento dulce ピミエント・ドゥルセ

スペイン料理に欠かせないパプリカの粉。カスティーヤ・イ・レオン、ガリシア、ムルシア、それぞれ産地の違うものを購入。

a0100596_1523669.jpgLatas 缶詰

野菜がおいしいことで知られるナバラ州で作られたアーティチョーク、ホワイトアスパラの穂先、ピミエントス・デル・ピキーヨス。

a0100596_102859.jpgGindillas ギンディーヤス

バスク地方名産の細身で先がとがった風貌のしし唐。バスクのピンチョスに欠かせません。

a0100596_1459474.jpgVinagre de jerez へレスビネガー

スペイン料理のアクセントにへレス(シェリー)のビネガー

a0100596_14595855.jpgJudion フディオン

超大粒の白いんげん豆。1キロ10ユーロと高級品です。
ほっくりと上品な味わいを楽しむのに、シンプルな料理に使って味わいたいと思っています。

a0100596_1503091.jpgVino

Txomin Etxaniz,Chacoli de Getaria 2011
vallehermoso,Ribera del duero Crianza 2009

バスクの白ワインチャコリとカスティーヤ・イ・レオンのリベラ・デル・ドゥエロ

a0100596_1438484.jpg Vino de Galicia

ガリシア地方のワインは日本ではリアス・バイシャスが有名ですが、今回はあえてそれ以外のワインを白&赤3種購入。

Dominio do Bibei, Lalama,Ribeira Sacra
Luis A. Rodriguez Vazquez ,Vina de Martin,Os Pasas Ribeiro(blanco)
Bodegas Valdesil S.L. ,Valdesil ,Vilamartín de Valdeorras,Godello100%

こだわりのワイン屋さんのおばさまの超お勧めの3本なので、味わうのがとても楽しみ♪

a0100596_1504287.jpgAguadiente de Orujo アグアディエンテ・デ・オルホ

ガリシア地方の蒸留酒。
ワインを作った際のブドウの搾りかすで作られています。

a0100596_1505545.jpgJerezの飲み比べセット

ヘレスが大好きなで一度飲み比べをしたいな~と思っていたところ、空港の免税店でこんなかわいいミニボトルのセットを見つけ即買い。おまけに缶も素敵なのでダブルで嬉しい♪

a0100596_1511025.jpg

a0100596_1512979.jpgCunca クンカ

ガリシア地方で地元の白ワイン・リベイロを飲む時に使われる杯クンカ。
バルセロナに住んでいた折に行きつけだったガリシアのバルでクンカで乾杯しタコをつまんでいた頃が懐かしいです。

a0100596_151525.jpgCasera カスエラ

素朴な手つきの土鍋大小2個。
世界あちこち訪ねながらコツコツと土鍋を集めています。
調理してそのまま食卓に出して素敵にテーブルが演出できるのが嬉しいです。

a0100596_152108.jpg陶器の小皿

華やかな手書き模様が素敵な陶器の小皿。
コースターにしたり、アミューズを盛りつけたり、小さいながらも存在感があるのでテーブルが華やぎます。

横浜・フランス&世界旅の料理教室 ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2012-09-04 15:02 | 世界のお土産
<< 10月のレッスンスケジュール 2012年9月のレッスンスケジュール >>