<< 石垣島 3日目 オーストリアのパンプキンシードオイル >>

石垣島 1人旅

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマードです。

Finneair plus(フィンエアーのマイレージプログラム)のマイルの使用期限が迫り、考えた末石垣島を旅することに。4泊5日の1人旅です。

今まで海外をあちこち1人で旅してきたけれど、国内は初めて。
国内の1人旅は寂しいかな?と不安な気持ちを抱えながら家を出ましたが、そんな心配はご無用でした。

行きのフライトではお隣の席のご夫婦が話しかけてくれ、みかんをおすそ分けしてくれたりして、3時間半のフライト時間があっとう間に過ぎました。

石垣に着いてからも立ち寄ったお店や食堂など、どこへ行っても皆フレンドリーに話しかけてくれるので、全く寂しくありません。

それにしても、飛行機でも、石垣に着いてからも、会う人会う人が私に「本土(沖縄本土)から来たの?」とか「島の方?」とか聞くのです。商店街のおじさんなんて「あなたは僕よりも沖縄っぽい顔してるね〜」ですって!
と言うわけで、滞在2日目にしてすっかり石垣島に馴染んでいます。

a0100596_8162890.jpg昨晩は、島の食材を使った創作料理が得意の森の賢者で食事。

島野菜や野草の天ぷら、石垣牛のローストビーフ、石垣牛の脛と冬瓜の煮込み、自家製島マンゴーのアイスクリームなど石垣島の味を堪能。

お店のオーナーや奥様に石垣島のおいしいお店や食材を色々と教えてもらい、滞在中の食べ歩き計画に頭を巡らせる。


a0100596_818302.jpg今日は空は青く、暖かで、気持ちのいい一日でした。

午前はローカルバスにて川平湾へ行き、グラスボートに乗り海底のサンゴやカラフルな魚たちを見て楽しむ。


a0100596_8515221.jpga0100596_8521262.jpg
その後、泡盛の酒造所を2軒(高嶺酒造所請福酒造)訪れ、醸造過程を見学&試飲&購入。

高嶺酒造では蔵元でのみ購入できる「おもと古酒2003年6年熟成43度」(2700円)を。請福酒造では「琉球流 情熱梅酒」(1302円)(泡盛で作った川平ファームのパッションフルーツ入り梅酒)を購入。


*写真上:高嶺酒造 下:請福酒造


a0100596_819595.jpgランチは町から少し離れたところにある舟蔵の里にて八重山の郷土料理を。


a0100596_8192358.jpga0100596_8194168.jpg

*八重山そば定食*
八重山そば
ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)
ジーマーミー豆腐の揚げだし(おいしい!)
ミミガーの和えもの
もずく
クーブーイリチー(煮昆布)
漬けもの
おまけのデザート・自家製豆腐のレアチーズケーキ 長命草のソース


a0100596_8201931.jpg夕食は有名店やまもとで石垣牛の焼肉を。今日もおいしい島の味を堪能できて大満足。
しかし、人生初の1人焼肉は、肉が1種類しか食べられずとても悲しかった、、、

明日は日帰りで竹富島を訪れる予定です。

横浜・フランス&世界旅の料理教室ガストロノマード
[PR]
by gastronomade2 | 2010-12-06 23:45 | 世界おいしい旅
<< 石垣島 3日目 オーストリアのパンプキンシードオイル >>